バンダイナムコスタジオのプランナーが伝授という、ゲームを作りたい方のための書籍です。

なんとなくゲームを作ってみたいと考えているけれど、何をやったら良いかわからないという方はたくさんいらっしゃると思いますが、
この書籍は企画からプログラムまで幅広い範囲をサポートしていますので、書籍内の教材を組み立てながらゲーム作りを体験することができます!

ゲーム作りのはじめかた Unityで覚える企画からレベルデザインまで
あすな こうじ
SBクリエイティブ

Unity

UnityはGUIでもゲームが作れてしまう話題のツールで、ゲーム実装が非常に簡単にできることで数年前から大変普及していますね。

ゲームは企画の面白さとゲームそのものの面白さがイコールではありません。
企画がどんなに面白そうでも、実際作ったらまったく面白くない!というゲームは非常にたくさんあるのです。

Unityは「面白いかどうかわからないゲームをサッと作って動きを見ることができる」ことにあります。

レベルデザイン

レベルデザインという言葉を聞きなれない方は多いでしょう。
レベルデザインはゲーム製作においてものすごい重要な作業です。

ドラクエは、最初スライムで経験値を稼ぎ、竜王にたどり着きますね。
レベル1でいきなり竜王が出てきたら、絶対に倒せないのでまったく面白くないわけです。

どのくらい経験値を稼ぐと次の町に行くことができるのか、、、などゲームの進行や難易度を調整することがレベルデザインです。

レベルデザインについての教科書はそう多くはいと思います。
1冊の書籍に企画から製作からレベルデザインまでまとまっているので、ゲーム製作入門の敷居を広げてくれる一冊です。

スポンサーリンク
ad_336
ad_336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
ad_336