紹介する書籍

部下には「あいさつ」だけ教えなさい
ウェルウェイグループ代表 金村秀一
廣済堂出版

構成

  • 1章:なぜあいつは「ダメな部下」なのか?
  • 2章:部下の「行動」を変えさせると、「意識」が変わる
  • 3章:ダメ社員が劇的に変わる「褒め方、叱り方」
  • 4章:「ついていきたい」と思われる上司力

ポイントだと思ったところ

デキる人材の定義

  • 上司の指示を素直に、すぐ実行してくれる人材が「デキる人材」である
  • 自分の頭で考えることが、必ずしも「デキる人材」ではない
  • 経験が少ない社員が、自分の頭で考えたとしても間違えていることが多々ある
  • 大人のしつけを身に着けることによって「デキない人材」の改善をはかる

大人のしつけ5原則

  • 「時」を守る・・・約束の時間や期日を守り、決められたことを即実行する
  • 「場」を清める・・・仕事がやりやすい環境を日々整える
  • 「礼」を正す・・・返事、あいさつ、笑顔を徹底する
  • 「言葉」を整える・・・丁寧な言葉遣いを心がける。価値観を整えることにつながる
  • 「数字」を合わせる・・・会話は、抽象的な言葉を用いずに数字を用いる

当たり前のことだが、この当たり前のことができない人材がどれほど多いことか

感想

筆者が実践してきたノウハウが充実

  • リーマンショックの影響を受けて落ち込んだ会社の業績が「V字回復した」という筆者
  • 筆者が実践してきたノウハウが具体的に書かれており、実行に移しやすい内容
  • しつけという表現を使っているが、社会人としての行動価値を高めるための実践的な内容と解釈した

大切なことは「存在価値」を認め「行動価値」を高めること

  • 「デキない」のではなく知らないだけ
  • つまり、部下が「デキない」と嘆くのではなく、知らないだけという解釈をする
  • たくさん会社がある中で、縁があるということはすごいこと
  • 全ては自分の責任だと考えること
  • 自分だってできないことがたくさんあるじゃあないか

この記事は、ビジネス書も大好きなtomita@atuwebがお届けしました。

スポンサーリンク
ad_336
ad_336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
ad_336