この記事は公開されてから1年以上経過しているため、情報が古い可能性がございます。
ご注意ください。

このWordPress pluginを配布しています

私が変数名やDBテーブルの名称を決定する時に利用するサービスをご紹介します。

weblio 翻訳

http://translate.weblio.jp/

いつもお世話になってます。

「機械翻訳の結果」や「類似の例文」なども表示してくれるので、しっくりこない場合も次のヒントを得ることができます。

weblio 類語辞典

http://thesaurus.weblio.jp/

いわゆるシソーラスです。
同義語、類語、関連語を調べることができます。

日本語シソーラス 連想類語辞典

http://renso-ruigo.com/

こちらは日本語のシソーラスです。

codic デベロッパーのためのネーミング辞書

http://codic.jp/

日本語から、プログラマっぽい単語の候補を検索することができます。
違和感が少ないものが多いです。

こちらは会員登録を行って提案できることが特徴ですね。

こちらは大幅にバージョンアップしていました!感動しますよ。

詳しくは以下で紹介されています。
http://nelog.jp/codic

プログラミングに出る!英単語

http://www.g-ishihara.com/c_fd_02.htm

よく使う処理や単語が並んでいます。
一通り眺めておいて感覚をつかむのに適切だと感じます。


良いネーミングは一日にして成らず

適切なネーミングは、適切なネーミングをつけようという意識と訓練のもとにようやく養われます。
うまくできないからといって、いつまでもtmpretなどという変数名をあてるのは、何も考えていないとアピールしているようなものですよ!

考える、考える、考える

スポンサーリンク
ad_336
ad_336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存