この記事は公開されてから1年以上経過しているため、情報が古い可能性がございます。
ご注意ください。

このWordPress pluginを配布しています

WordPressのプラグインや見た目の調整にローカル環境を用意します。

簡単に環境構築ができるモノにInstant WordPress(※1)がありますが、私はすでにXampp(※2)を利用しているため、Xamppで動かすための手順です。
Webの知識があることが前提の内容です。

稼働中コンテンツの取得

1.データベースの取得

データベースのデータをエクスポートしましょう。

phpMyAdminならデータベースを選択している状態でエクスポートを実行してください。

データベース名を指定してmysqldumpコマンドを打ってもOKです。

2.コンテンツの取得

WinSCPなどのFTPクライアントを利用し、WordPressのインストールディレクトリ全体をDLしてください

ローカル環境の準備

3.データベースのインポート

手順2で取得したSQLファイルをローカル環境のDBにインポートします。

phpMyAdminならインポートを実行するだけです。

4.コンテンツの配置

手順2でDLしたファイルをドキュメントルート以下に移動します。

サブドメインを利用するかどうかで配置場所が変わってくると思います。

私は以下に設置しました。

D:/Xampp/htdocs/wp

5.DB接続の編集

ローカル環境のDB接続先を編集します。

wordpressフォルダの直下にあるwp-config.phpを開き、DB_USER、DB_PASSWORD、DB_HOSTをローカル環境の物に書き換えてください。

6.サブドメインの準備

サブドメインを設定する場合の手順です。

  • Windowsのhostsファイルにサブドメインを定義
  • Webサーバにサブドメインを定義

hostsの編集には管理者権限が必要です。(いつも忘れてしまいます)

7.ドメインの編集

WordPressに設定したサイトURLを編集します。

WordPress用のデータベースにある[プリフィックス]_optionsテーブルに移動。

以下の2行をoption_valueをローカル環境のモノに書き換えます

opton_id=1,option_name=siteurl
opton_id=2,option_name=home

このブログであれば

http://atuweb.net

サブドメインなし=>http://localhost/wp/
サブドメインあり=>http://wp.localhost/

に編集する感じです。

7.htaccessの修正

サブドメインを利用しない場合の手順です。

トップページは表示されますが、記事ページに移動すると404エラーとなってしまいます。
DBで調整できるかもしれませんが、パッと見でわからなかったのでRewiteを修正します。

D:/Xampp/htdocs/wp

の場合、次のようにRewriteRuleを修正するとOKでした。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^/wp/index.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /wp/index.php [L]
</IfModule>

8.アクセスしてみる

問題なく、ローカルでWordPressが表示されました!


*1
Instant WordPress
http://www.instantwp.com/

*2
Xampp
https://www.apachefriends.org/

スポンサーリンク
ad_336
ad_336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存