この記事は公開されてから1年以上経過しているため、情報が古い可能性がございます。
ご注意ください。

このWordPress pluginを配布しています

私はずっと札幌市で活動しています。(那覇でも活動していますが。)

北海道はすごく良いです。
とにかく良いです。

もっと皆様に北海道・札幌の魅力を感じていただけるよう、私が感じている「札幌でエンジニアとして働くこと」を私なりの視点でまとめてみます。

私が札幌にこだわる理由

子育てがしやすい環境だから

私は2児に恵まれましたが、北海道という環境は子育てにもベターなのではないかと思います。

  • 四季がはっきりしており、感性が育まれる
  • 良くも悪くも歴史が浅く、古いしきたりなどが少ない土地柄
  • 子どもを外で遊ばせられる場所が豊富

ということも子育てがしやすい点だと感じます。
今回あまり深くは書きませんが、公教育が崩壊していないことも、大切なことだと思っています。

加えて、子育て世代には「親族の支援が受けられるかどうか」が子育てのしやすさに直結してしまう点も考慮が必要です。
「生活の基盤」という点と重複しますが、私は「子供が歩ける距離」に祖父母がおり、長男はふらっと遊びに行くことがるようです。

やはり熱を出したようなときに預けることができないと大変ですよね。
実際に、特に就学前には親類に助けていただいたことが幾度もありました。

※私が尊敬する先輩エンジニアのKさん。
首都圏で10年以上お仕事をしていましたが、2人目の出産を機にご実家がある地域にUターンされました。

健康的に生きる基盤があるから

自然が豊富で自然に触れる機会を持つことが容易です。

つまり、忙しくなった頭をクールダウンすることができますので、こういった小さなこともスキルアップや日々穏やかに過ごすことにつながっていると感じます。

また、人口密度が低く過ごしやすいですねー。
ごみごみしていません。

私は、人ごみと待つのが苦手ですのでそういった意味でもストレスが少ないのではないでしょうか。

エンジニアとして働きやすい基盤が整ってきたから

よく言われることですが、リモートワークのための環境ここ数年で飛躍的に進化したことを実感します。

ChatWorkHipChatを活用したコミュニケーションが簡単にできますし、遠隔地のチームとSkype経由で会議を行うことも日常的になってきました。
また、U-StreamやShideShareなどでトレンドを拾っていくことも簡単になりました。

ただし、どれだけコミュニケーションツールが発達しても、熱意は伝わりません

メンバーの状況(顔色、声などの要素から健康状態、精神状態をチェックすることが絶対にできませんので、リモートと言えども1か月に1回、など直接会ってコミュニケーションをとることができる機会があれば、通常業務のやりやすさが格段に上がることは間違いありません。

地元に貢献したいから

ということで、北海道は素晴らしく、北海道がもっと活性化するために、一生けんめいに働いで税金を納めていきます。

そして、(私でなくてね)北海道に良い技術者が沢山いるということが周知できれば、より北海道に人も仕事も集まってくると、素直に信じて日々活動していきたいと思っています。

北海道のおすすめポイント

北海道の良さ1:物価が安くて食べ物がおいしい

seafood-rice-757527_1280-c6

なんといっても日々口にする食べ物が違います。
デフォルトで食べ物がおいしいです。

安くておいしい食材が豊富にあります。
海鮮物は新鮮ですし、農業アリ、酪農アリ、名の知れたスイーツもあり。

ゴーヤだって作れちゃいます。

おいしいものを当たり前に食べられるということは、日々の生活で豊かさを感じられることの一つではないでしょうか。

住宅事情についていうと、首都圏と比較して3~4割減という相場感かもしれません。
(関東から来たお金持ちがマンションを見て安いを連呼していました。)

札幌市の地下鉄沿線は若干価格が上がりますが、少し離れると2LDで5万円程度という賃貸もたくさんあります。

食・住にかかる費用は安いですが、その分平均賃金も安いという現実があります。
トータルで考えると、生活にかかる費用は安価に収まってくるのかなと思います。

北海道の良さ2:自然が豊かで過ごしやすい

blue-pond-212109_1280-c680

北海道は自然が溢れています。
札幌でも、少し車を走らせるとあっという間に田舎に到着します。

そして、四季がはっきりしています。

桜の開花で見ると、沖縄では1月下旬ころから開花が始まりますが、北海道札幌付近では5月上旬ころにようやく開花します。
沖縄と北海島とでは、3か月以上の差がありますね。

冬の寒さは厳しいと言われますが、こればかりは仕方がありません。
その寒い冬を乗り切った後に訪れる春のなんと暖かいこと。

寒さについて、1年の半分程度は雪に閉ざされるという土地柄ですから、最初は珍しかった雪は、あっという間に「見るのも嫌」になってしまいます。

しかしその寒さにも慣れるんですよねー。

冬は外出する機会が減る方が多いですが、暖房器具が関東のソレとま全く違いますので、家にいる限り快適です。

札幌圏ですと、通勤だけ我慢すれば良いです。
特にアパート、マンションの場合、除雪を行うことも少ないので、その点でも快適です。


気候面については、こんなところで過ごしやすさがあります。

  • 梅雨がない
  • スギ花粉が少ない
  • 熱帯夜が数えるほどしかない
  • 台風の影響が少ない

関東から北海道にいらした方で、花粉症が改善されたというお話は時々耳にします。
気候からかGが出ないということも女性にはポイントが高いはずです。

北海道の良さ3:デフォルトで人が暖かい

人が暖かい、優しい、おおらかなどと言われます。よく言われます。

歩く速度も違います。

どこのお店に行っても「店員さんに忙しくて雑に扱われることがない」といいますね。
例えばコンビニでも美容室でも、首都圏と比較して待ち時間が短く、店員さんにも余裕があり、温かいサービスを受けることができます。(例外ももちろんあるけど)

また、土地が広く、人口密度が低いため、通勤ラッシュがそこまで苦しいと感じる人は少ないです。

首都圏ですと「通勤片道90分」という方も多いと思いますが、札幌圏でそこまで時間をかけて通勤している方はごく稀ではないでしょうか。

片道の通勤時間が30分で済めば、1日往復で2時間以上も変わってきます。
これは大きいですよね。。。

札幌は住みやすい

japan-357242_1280-c680

札幌市は人口も多く、仕事、住宅、お店、医療機関のいずれもがそろっています。

政令指定都市であり、国際的なイベントも多数催され活気があります。
車がなくても楽しめますが、車があって小樽やニセコエリア、同等エリアを巡る旅は絶対に面白いですよ!

デメリットとして、エンジニアが好むような各種イベントは少ないかもしれません。

札幌の中でも

札幌の中でも徒歩で困らない街と言われるのが「西区琴似」エリアです。

札幌駅までも快速で5分程度と、
新千歳空港までは1時間弱と、アクセスも抜群に良いです。

全国規模の賃貸情報サイトがありますから相場観は簡単にチェックできますね。

全国賃貸情報 アパマンショップ
祝い金がもらえる賃貸情報サイト「キャッシュバック賃貸」

エンジニアとして札幌でやっていくことは可能

atuwebは札幌Uターン、Iターンを応援いたします。
ぜひお問い合わせください。

スポンサーリンク
ad_336
ad_336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存