この記事は1年以上編集されていないため、情報が古い可能性がございます。
ご注意ください。

このWordPress pluginを配布しています

art-hilton-okinawa-chatan-lobby
ヒルトン沖縄北谷リゾートさんに宿泊する機会に恵まれ、大変おいしい思いをしてまいりました。
こちらはロビーのお写真です。

ヒルトン沖縄北谷リゾートさんは、じゃらんハイクラスのアイコンが出ちゃうようなホテルですねー

口コミをチェック

施設について

新しい施設でリラックス

ヒルトン沖縄北谷リゾートさんは2014年にオープンしたホテルで、施設の新しさもあり非常に清潔感がありました。

また、スタッフさんはみなさん微笑をたたえ、たいへん穏やかな雰囲気でした。
「あなたを歓迎いたしますよ」というオーラを感じましたね。
きっと研修が行き届いているのでしょう、

3Fにあり眺めの良いロビーにはゆったりとしたソファが十分なスペースを取って配置されており、こちらでボーっとするだけでも癒されます。

朝食

今回の宿泊は朝食バイキング付きのプランでした。

次のが朝食会場の写真です。

art-hilton-okinawa-chatan-moning

室内席とテラス席を選択することができますが、テラス席で暖かい風に包まれ、鳥のさえずりを聞きながら食事を取ることができ、こちらも贅沢な気分にさせてくれます。

朝食バイキングはメニューの量も豊富で、どれもおいしい物ばかり。
沖縄ならではのメニューにチャンプルー、ゆし豆腐、アオサの汁物などもしっかりそろえられていました。

やっぱりオーシャンビュー

また、デフォルトでオーシャンビューなこともうれしいです。

art-hilton-okinawa-chatan-f

宿泊したお部屋からの景色です。
日没前、ゆったりとした時間が流れます。

お部屋は白とナチュラルウッドが基調。
そこに淡いブルーのアクセントや海の泡をイメージしたオブジェが配されています。

すぐに荷物を広げてしまったので、お部屋の写真はいいものが撮れませんでした、、、

ロケーションについて

アメリカンビレッジ

北谷はアメリカンビレッジがあり、若者に人気のカジュアルな町です。
(いたるところにスケボー少年がいました。)

art-hilton-okinawa-chatan-amevil

美浜タウンリゾート アメリカンビレッジと言えば、こちらの観覧車ですよねー。
夜でも活気があり、那覇付近とは違ったディープな沖縄を感じます。

レストランも豊富にあり、ホテル付近を徒歩で回るだけで十分に楽しむことができますよ。

ホテルはアメリカンビレッジの中心から若干離れていますが、そのおかげでホテルでは静かに過ごすことができます。

観光の拠点として

北谷は「那覇と恩納」のおおよそ中間程度に位置します。
何度か沖縄に訪れていますが、北谷あたりがちょうど良いロケーションだと思っています。

那覇から北谷までは車で40分程度を要します。
那覇から58号線を北へ移動する場合は渋滞ポイントがいくつもあります。R58のラッシュ時間帯の混雑具合は有名ですが、北谷に宿泊すればその時間を節約することができますね。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

住所 沖縄県中頭郡 北谷町美浜40-1

TripAdvisorで口コミをチェック
じゃらん
楽天トラベル

沖縄のお土産

私が好きな沖縄土産をご紹介いたします。

雪塩ちんすこう

art-okinawa-yukishio

沖縄のメジャーなお菓子といえば「ちんすこう」。

沖縄産塩が注目されるようになって開発されたのが「宮古島の塩」を使用した雪塩ちんすこう

しばらくはショコラちんすこうが定番でしたが、暑くてもチョコレートが溶けてしまわない雪塩が、持ち運びも考慮して、沖縄のお土産としてベターだと思います。
安価な少量のパッケージが展開されているのもうれしいですね!

うちなーポーク

art-okinawa-uchipork

沖縄料理の代表食材といえばポークランチョンミート。
塩気のきいたポークは、チャンプルーやポークたまごとベストマッチ。

認知度が高いのはスパム缶ですが全国で購入できますので、せっかく沖縄に来たからにはオキハムさんのうちなーポークを購入しましょう。

「沖縄県産豚肉」100%と安心・安全もばっちり。
使いきりサイズで、開封も簡単です。

現地では2個500円といったお店もありました。

沖縄そばのカップラーメン

art-okinawa-soba

沖縄そばをいつでも手軽に味わえるカップ麺は私の定番です。
かさばってしまいますが、価格も安価ですので必ず一定数買ってしまいます。

お店の沖縄そばはあっさり目の味付けが多いと感じますが、カップ麺は濃いめだと思います。

イトサンさんのモズク

art-okinawa-mozuku

しっかりとした歯ごたえのモズクも沖縄の代表的な食材の一つではないでしょうか。
酢の物やスープなどでいただくことができますが、沖縄ではモズクの天ぷらを出しているお店も多いですね。

そして、沖縄のモズクメーカーといえばイトサンさんです。
商品に自信があるので気前よく試食させてくれます!
しっかり味を見て検討できるのがうれしいですね。

らふてぃ

art-okinawa-raft

沖縄版の角煮をイメージしていただけるとわかりやすいと思います。
とろとろに煮込んだらふてぃはご飯が進む一品。

レトルトのものを用意しておけば、沖縄そばのグレードアップも簡単に
国際通りにある第一牧志公設市場へ行くといろいろな業者さんがらふてぃを販売していますよ。

スポンサーリンク
ad_336
ad_336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存