この記事は公開されてから1年以上経過しているため、情報が古い可能性がございます。
ご注意ください。

このWordPress pluginを配布しています

2年近くほったらかしていたThinkPadにLaravelの環境構築を試みましたが、「PHPにPathを通す」ことに気づいた時点で意識が遠くなりました。

そんな時「Cloud9があるじゃないか」と思い付き、さっそくCloud9で環境を作ってみました。

たったの3ステップです!

以下でCloud9 IDEにアカウント作成済みの前提です。

[IDE]Cloud9で環境構築を簡単に
クラウド上で開発できるCloud9が便利過ぎて感激しましたのでご紹介いたします。 Cloud9 Cloud9を使う...

1.ワークスペースを作成

Cloud9 IDE(https://c9.io/)にサインインし、アカウントのページからCreate a new workspaceをクリックし、ワークスペース作成画面へと進みます。

art-cloud9-create-workspace

Workspace name、Descriptionをそれっぽく入力します。

簡易なもののため、リポジトリは今回そのままとします。

「Choose a template」からPHP, Apache & MySQLを選択し、Create workspaceをクリック。

これでワークスペースが作成され、IDE画面に遷移します。

2.Laravelインストーラー

ワークスペースが開いたらターミナルを操作します。
画面の右下をクリックして選択してください。

art-cloud9-terminal

PHPのバージョン確認を。

$ php -v

PHP 5.5.9-1ubuntu4.13 (cli) (built: Sep 29 2015 15:24:49) 
Copyright (c) 1997-2014 The PHP Group
Zend Engine v2.5.0, Copyright (c) 1998-2014 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.0.3, Copyright (c) 1999-2014, by Zend Technologies
    with Xdebug v2.3.2, Copyright (c) 2002-2015, by Derick Rethans

次にComposerのチェックを。

$ composer

   ______
  / ____/___  ____ ___  ____  ____  ________  _____
 / /   / __ \/ __ `__ \/ __ \/ __ \/ ___/ _ \/ ___/
/ /___/ /_/ / / / / / / /_/ / /_/ (__  )  __/ /
\____/\____/_/ /_/ /_/ .___/\____/____/\___/_/
                    /_/
Composer version 1.0-dev (a54f84f05f915c6d42bed94de0cdcb4406a4707b) 2015-10-13 13:09:04

Usage:
 command [options] [arguments]
:

必要なものは揃っていますね。

次にLaravelインストーラーを用意します。
以下のコマンドを入力して少し待ちましょう。

$ composer global require "laravel/installer=~1.1"

3.Laravelプロジェクトの作成

次にLaravelのプロジェクトを作成します。

$ composer create-project laravel/laravel MyProject 5.0

Laravelの最新版を使う場合は末尾の5.0をカットしてください。

プロジェクトの作成には時間がかかりますのでコーヒーでも飲んで寛いでいてください。
また、途中でGithubのリクエスト上限に達しtokenが求められますので適宜入力してください。

サーバを起動

インストールが完了したら、さっそくWebサーバを起動してみましょう。

上部メニューにある緑色のRun Projectボタンをクリックすると、Apache Webサーバーが起動し、今作成したプロジェクトを動かすことができます。

art-cloud9-run-laravel

サーバ起動中はボタンが赤で表示されます。

IDE内で新しいウィンドウが開き、今立ち上がったサーバのURLが記載されていますので、クリックして開いてみましょう。

ワークスペースのトップディレクトリがApacheのドキュメントルートのため、ディレクトリ一覧が表示されてしまいます。
プロジェクトディレクトリ、publicへと遷移するとLaravelの画面が表示されますよ。

SSのように、おしゃれな感じで「Laravel」と表示されればOKです。


作成したばかりのプロジェクトも簡単にApacheを立ち上げてチェックできる。
しかもサブドメインがふられており、スマホからでも閲覧できちゃうんですね。

簡単でここまで操作できるとは、Cloud9は素晴らしいですね!

この記事はtomita@atuwebがお届けしましたー



2015年12月09日 タイトルをちょっとだけ変更、ドキュメントルートについて追記

スポンサーリンク
ad_336
ad_336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存