Nintendoさんからビックタイトルのスマホ版が「ファイアーエムブレムヒーローズ」がリリースされました。

最近あまりスマホアプリを触っていませんでしたが、これは面白いです。
さらっとアプリを紹介いたします。

ファイアーエムブレム ヒーローズ

https://fire-emblem-heroes.com/ja/

扉を開け。英雄と共に。

ゲームの導入

タイトル



数々の英雄たちが画面右からゆっくりスライドインしてしてきます。
このタイトル画面は眺めているだけでも楽しいです。3周くらいいけちゃいます。

BGMはあの有名なファイアーエムブレムのテーマソングで、もうここからたまらないわけです。
歌詞は違うのですが「ファイアーエムブレム 手強いシミュレーション」と脳内再生されちゃうやつです。

チュートルアル完了までのフロー

ゲーム導入部分のフローは次のようになっていました。

  • リソースダウンロード(初回 85MB程度)
  • オープニングムービー
  • チュートリアルバトル(2戦)
  • リソースダウンロード(2回目 320MB程度)

リソースDLを複数回に分けて実施するアプリ増えていますね。
(チュートリアルでの離脱率を下げるために有効な施策です。)

リソースDL中

さて、タップしていくとリソースDLに進みます。
待ち時間は英雄たちのプロフィールをお楽しみください。

私は覚醒はプレイしていないけれどもスマブラでお馴染みになったルキナさん。かわいい。


figma ファイアーエムブレム 覚醒 ルキナ


オープニングムービー



画像はオープニングムービーから。
なかなか派手で世界観に引き込まれます!

チュートリアル戦

チュートリアルがスタート。

最初にもらえるキャラクターのアンナさん。
赤髪が似合ってますね。

このアンナさんが斧をブンブン振り回して活躍してくださいます。



チュートリアルが終了すると、再度リソースDLが開始され、それが終わるとホームが表示されますよ。

まだ寂しいホーム。
ガチャで仲間を集めましょう。


マップとバトル

マップはスマホ1画面分になっているようで、小さく数ターンで決着がつきます。
コンシューマー版と比較するとマップがかなり小さいため、1マップの攻略時間は数分で済みスマホゲームに適したボリュームになってますね。

私が最初に目についたのはフッターにある危険範囲ボタンです。

これをタップすると「次の敵ターンでどこにいると攻め込まれるか」が一目瞭然です。
親切!



ちなみにこちらはストーリー1章紋章の謎マップです。
マルス、シーダ、ジェイガンといった懐かしい名前が続出して、それだけで往年のファンはたまらないわけです。

攻撃


キャラクターを選択して、敵キャラクターの位置までフリックしていくとバトルが始まります。

キャラクター重ねると「与えるダメージ」「受けるダメージ」「攻撃回数」がチェックでき、それを考慮して戦うかどうかを決定することができます。
この辺りは従来の作品と同じですね。


慣れないうちは「攻撃するつもりが、敵の前で待機しちゃった」という誤操作をやってしまうことが多くやきもきします。

そんなあなたはスマホを投げつけるより、設定から「確定操作」に変更することをおススメします。

ガチャ

こちらはガチャを引いた後の画面。

「まとめ買い」のボタンが見当たらず、この画面に入ってから「5連続だとお得」という文言が表示され「言うの遅くなーい!?」と思っちゃいましたが、違うみたいです。

「1画面のオーブをを連続でめくっていくとお得になる」システムで、それぞれ「5, 4, 4, 4, 3」で計20個消費します。
ヘルプを全く見ずに即消してしまっていました。。。


オーブの色は出てくるキャラクターの属性を表しています。
5個全てを引く必要はなく、ガチャのオーブ選択画面を抜けてガチャをやり直すと新しいテーブルになるようですね。

こちらが5連続した後の画面です。
お、ルキナさんは当たりませんでしたが、星5が2体も当たりました!


「絶対これ違う」と思ったらそこでガチャ画面を抜けるて排出テーブルをリセットすることができますが、消費するオーブは5に戻ってしまう。
ガチャでも「自分の読みが当たるか」駆け引きが楽しめるユニークなシステムだと思います。

逆に、よくある「5回連続なら1キャラ多くもらえる」という感じではないため、ソシャゲに慣れている方には初見で理解しにくいガチャシステムだと感じました。

感想

私はまだまだ序盤で城の改造や覚醒、スキル周りなどまだまだこれからですが、first impressionを。

世界観


オリジナルキャラクターの皇女ヴェロニカさん。
退屈で暇を持て余しているので、敵国のアスク王国を滅ぼそうと企てている、かなりヤバい感じのお嬢様です。



アスク王国のイケメン王子、アルフォンス。
使命に燃える熱血青年という感じでしょうか。どうしてもGLAYに見えてしまいます。


「アスク王国に攻め入る皇女ヴェロニカと、国の平和を守るために戦うアルフォンスという対立の構図」がメインのようです。

そして、兵力の強化には「異なる世界の英雄の力を借りる」という世界観。
英雄の力を借りるためには「力を示す」ことが必要で、つまり服従させる必要があるのですね。

「力の示し方」は、噛み砕くと各マップで敵を全滅させればOKな感じです。

こちらはオープニングムービーから。

リセマラをしているうちに「このキャラクターがプレイヤー」であることにやっと気が付きました。
プレイヤーは手にしている銃で英雄を召喚できる、珍しいタイプの英雄ということになているようです。

演出がいい感じ

バトル時は攻撃や瀕死状態に陥った時などカットインが入り、ゲームを盛り上げてくれます。


左はアルフォンスのスキル発動時。
スキルが決まると通常とは異なるカットインはいります。イケメンかっこいい。

左はシーダの瀕死状態時のカットイン。

マップ中にHPがゼロになってしまうとマップから離脱し、そのバトルで獲得した経験値やSPは無効になるようです。

逆に瀕死の味方キャラがスキルを決めた時はかなり爽快ですね!

序盤はサクサク

最初にもらえるオーブでガチャして兵力を強化すれば、序盤は何も考えずにガシガシ進めることができます。
(中盤からはどうでしょ、、、)

しかも今ならリリース記念マップが開放中でオーブの収集はかなり効率が良い感じです!

また、レベルアップのために訓練所なども用意されているので、新しく手に入れた仲間もちょっと手間をかければ前線で活躍することができるよう対策がとられていますね。

マップからは仲間が増えない?

仲間を増やすのは「ガチャ」と「イベント」のみのようで、「紋章」のようにマップ中で「敵を説得して仲間に引き入れる」ことはないようです。

「ナバールを仲間にしようと頑張っているのに、何度もナバールに切られてしまってリセットボタンに手が伸びる」みたいなくやしさ、緊張はないわけですね。

「仲間」については、スマホアプリで企画する段階で「ガチャ」は避けようがないわけで、古い作品の楽しみであった「マップ中で説得する」ような攻略要素がまるっと抜け落ちてしまっています。
逆にいうと、「説得」など余計なことを考える必要がないため、純粋にマップの攻略を楽しめるようになっているということも言えると思います。

リリース前にもガチャを実装することがわかった時点でファンから不満の声が上がったそうですが、たしかにそういった旧作のシステムを期待している人にはちょっと違うものに感じるかもしません。
それはまあ、仕方がないとは思います。

おわりに

トータルで見れば、良いポイントが多くかなり楽しいです!
マップも豊富ですし、やり込み要素も十分にあります。

全体的なバランスが良く、さすがNintendoさんだと感じました。
面白いです。

キャラクターも良く感情移入しやすいのも、さすがFEシリーズという感じです。
ファンが喜ぶことをする」という運用サイドの姿勢が垣間見れる秀作だと思います。

運営さん! ぜひ聖戦のアイラを登場させてください!

ルキナさんゲット

昨日ルキナさんを入手しました。

ガチャには「確定演出」という特別なショートムービーを見られる機能があるようです。
これはかなり嬉しいです!



3DS FEシリーズの新作ですよ!


FEの沢城みゆきさん



2017年02月27日:本文を修正、ルキナが当たりました。
2017年02月25日:マップからの離脱について、ご指摘の内容を反映