作成したWordPressプラグインのご紹介です。

これは何?

技術系ブログで時々目にする「この記事は1年以上前に公開されたため、情報が古い可能性があります」というアラートを出すためのプラグインです。

表示イメージ。

アラートを出すためのノウハウは散見されましたが、プラグイン形式のものは見受けらませんでしたため、手軽に利用できるよう開発いたしました。

リポジトリ

git hubにてプラグインを公開中です。
https://github.com/atuweb/alert-for-old-article

WordPressの公式にプラグインを公開するべきなのでしょうが、SVNの利用が必須など、ルールが多いようなので、対応を見送り中です。

動作環境

PHP 5.3以上を対象としております。
(DateTimeクラスなど利用のため)

導入方法

プラグインのダウンロード

上記URL( https://github.com/atuweb/alert-for-old-article )にアクセスし、プラグインのZip圧縮ファイルをダウンロードしてください。

画像に赤枠で示したように、次の手順でファイルがダウンロードできます。

  • 1.Clone or downloadをクリック
  • 2.Download ZIPをクリック

プラグインのインストール

WordPress管理ツールにログインし[ プラグイン > 新規追加 ]に遷移します。

プラグインのアップロードをクリックすると、Zipファイルのアップロードフォームが展開します。

先ほどDLしたalert-for-old-article-master.zipを選択、アップロードして有効化してください。

アラートメッセージの変更

デフォルトメッセージは英語にしております。
適宜、管理ツールからメッセージを変更してください。

管理ツールの設定にAlert for old articleが追加されております。

この画面に遷移すると、メッセージ変更フォームが表示されます。

メッセージを書き換えて[ 送信 ]ボタンをクリックです。

HTMLタグなどは利用できないよう、 < > / & を入力禁止といたしました。

デフォルト設定

アラート表示対象

記事ページ

アラート表示条件

対象記事の更新日時が1年以上前と判断できる場合。

アラート表示位置

記事本文の先頭にDIVタグを挿入

カスタマイズ

デザインのカスタマイズ

DIVタグのID属性にalert_for_old_articleを設定しております。

テーマファイルのstyle.cssにスタイルを追加してください。

アラート表示条件の変更

プラグインを直接編集することによってアラートメッセージの表示条件を変更することができます。

private function getOptions()
{
    return array(
        'message'     => $this->getOptionMessage(),
        'field_type'  => 2, // 1.published(post_date) 2.updated(post_modified)
        'limen_type'  => 2, // 1.year, 2.month'
        'limen_value' => 1,
    );
}

例えば「6ヵ月後にアラートを表示」するためには次とします。

        'limen_type'  => 2, // 1.year, 2.month'
        'limen_value' => 6,

簡単でしょう。

おわりに

プラグインをインストールするだけですから、お手軽ですね。
よろしければご利用ください。

なお、「アラートを表示しないカテゴリ」など、色々と機能を追加することもできると思います。


スポンサーリンク
ad_336
ad_336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存