[フリーランス1年生]の私に起きた変化

[フリーランス1年生]の私に起きた変化

私は札幌を拠点に活動しているフリーランスのWebデベロッパーです。 2015年からフリーとして活動をしており、1年を迎えましたので、フリーになって感じたことなどまとめてみます。 ※あくまでも私の個人的な体験であり、フリーランスの一般な労働スタイルと沿わない面もあるかもしれません。 フリーになる前の勤務スタイル フリーにな...

[書評]なぜ、あなたの仕事は終わらないのか

[書評]なぜ、あなたの仕事は終わらないのか

1日27時間欲しい、やりたいことがたくさんある男 tomita@atuwebです。 伝説のプログラマーと書かれた帯が目にまぶしい、話題の書籍を『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』読みました。 なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるposted with ヨメレバ中島聡 ...

ITエンジニアのためのメンタルヘルス

ITエンジニアのためのメンタルヘルス

2015年12月1日、改正労働安全衛生法が施行され、ストレスチェックの義務化がスタートしますね。 私の周囲でも4-5年ほど前からメンタル的な不調を訴える方が増え、本当にこういった疾患に悩む方が増えてきていることを感じます。 それぞれの事業主様が会社としてやるべきことを遂行していくことはもちろんですが、各個人も心の持ち方を変...

非エッセンシャルな開発現場

非エッセンシャルな開発現場

開発の現場でしか発生する様々な不合理、非常識。 しかしそんな憤りや苦しみも忘れ、あっという間に染まってしまう私たち。 恐ろしい開発現場のありがちなお話をまとめてみました。 クライアントの要望はプライマリー クライアントは神様です。 クライアントがお仕事をくださるからこそ、私たちは食べていけるのです。 だからクライアント...

札幌でエンジニアをするということ

札幌でエンジニアをするということ

私はずっと札幌市で活動しています。(那覇でも活動していますが。) 北海道はすごく良いです。 とにかく良いです。 もっと皆様に北海道・札幌の魅力を感じていただけるよう、私が感じている「札幌でエンジニアとして働くこと」を私なりの視点でまとめてみます。 私が札幌にこだわる理由 子育てがしやすい環境だから 私は2児に恵まれま...

[書籍]『ヘルシープログラマ』が30代の僕に刺さったワケ

[書籍]『ヘルシープログラマ』が30代の僕に刺さったワケ

ヘルシープログラマ ―プログラミングを楽しく続けるための健康Hack 本書は『長時間のデスクワークによる腰や頭、手首の痛み、眼精疲労といった健康問題への対策として、簡単なエクササイズや食生活を改善する方法などを紹介』しているエンジニア向けの健康本です。 ヘルシープログラマ ―プログラミングを楽しく続けるための健康Hackpo...

[書籍]『自分がやった方が早い病』を読んで

[書籍]『自分がやった方が早い病』を読んで

優秀なプレイヤーこそがかかってしまう「自分がやった方が早い病」について、タイトル通りの本がありましたので読んでみました。 自分がやった方が早い病 小倉広 経営コンサルタント 星海社新書 自分でやった方が早い病 (星海社新書)posted with ヨメレバ小倉 広 講談社 2012-05-25 Amazonで検索Ki...

「ゆう活」が定着するように応援します

「ゆう活」が定着するように応援します

ゆう活 - はじめよう!夕方を楽しく活かす働き方 ゆう活とは 仕事を早めに終わらせて「やってみたかった」をやってみよう。 「ゆう活」を一言でいうと、こういうことのようです。 スキージャンプの葛西紀明選手が、夕方の街を飛ぶという「ゆう活」のお広告に出演されアピールされており、興味をひきました。 葛西選手は噂...

エンジニアは早く帰ってスキルアップに励もう

エンジニアは早く帰ってスキルアップに励もう

残業 == 頑張っているではない ソフトウェアの現場ではデキる人とデキない人では生産性が5倍も10倍もちがうということが往々にあります。 そしてそれは実務経験の年数と比例するものでもなく、コードの量とも比例するわけではありませんので、なかなか扱いが難しいモノですよね。 「残業する人が頑張っている」と見られる風潮がまだまだ強...

スポンサーリンク
ad_336
ad_336