あみだ三昧

公開終了

不謹慎というお叱りをいただいたため、公開終了といたしました。
DLしてくださった方、ありがとうございました。



10万回の南無阿弥陀仏 – あみだ三昧 (Amida Samadhi)


合掌は日本人の心です。
あなたのスマホにお仏壇をおいて、南無阿弥陀仏と唱えましょう。

ストーリー


合掌

おばあちゃんは言っていた「ご先祖様を大切にしなさい」と。

仏壇に手を合わせ念仏を唱えることは、心を仏さまに寄せ感謝を伝える行為です。
これは同時に、自分を確認し心を整える行為ではないでしょうか。

手を合わせるという習慣をつけて、気持ちの良い一日をスタートさせましょう。

このアプリと仏さまは、そんなあなたのそばにあります。

このアプリは何?

スマートフォンの仏壇に手を合わせましょう。

念仏ボタンをタップし、ひたすら南無阿弥陀仏と唱える念仏アプリの決定版です。

仏教がモチーフのアプリではありますが、辛気臭くならないようカジュアルに仕上げました。
ぜひ「仏教イイね!」という軽いノリで楽しんでください。

序盤の楽しみ方

ありがたい住職の声にならってあなたも念仏を唱えてみましょう

  1. 1000南無阿弥陀仏で「姫ボイス」を開放
    姫と一緒に念仏を唱えます。

  2. 300コンボで「ステージ:シンプル・モダン」を開放
    シャレオツな気分で念仏を唱えます。

  3. 「3日アプリを起動」すると、おりんが選択可能になります。
    「チーン、チーン」と2回おりんを鳴らします。
    鳴り物で気分を盛り上げてください。

より世界感を楽しむために

「感謝」を感じながら念仏ボタンをタップすることで、よりいっそうあなたの心が磨かれる、気がきっとします。

感謝とは、、、

自分が無事に生きていることの感謝。

自分という存在のルーツへの感謝。

たくさんの恩恵にあずかっていることへの感謝。

あなたが何を考えるかは、完全にあなたの自由です。
せっかくなら、「感謝」をしてみてはいかがでしょうか。

ステージ

スマホアプリの醍醐味! 気分によってステージ(お仏壇)を選択できる「壇チェン」機能搭載!

ステージ一覧

普通の和室


「おばあちゃん家の和室」のイメージです。

おばあちゃんは言っていた「帰ってきたらすぐに仏壇に手を合わせてね」と。
静かに、心穏やかに合掌しましょう。

お寺


30,000回お念仏を唱えると解放されます。
厳かな空間で手を合わせましょう。

極楽浄土


100,000回お念仏を唱えると解放される、このアプリの1つのゴールです。

極楽浄土

涅槃寂静

悟りの境地をイメージした空間。
もうそこは「仏壇」という形を必要としておりません。

ちなみに、極楽浄土の英語訳は “Buddhist’s Paradise” です。
これは”極楽”のみであって、大切な”浄土”が入っていません!

“極楽”の字だけ見ると賑やかで楽しそうなイメージで仏教の意図するものからそれてしまっていると感じるのですが、主観でしょうか。

シンプル・モダン


300コンボで開放されます。

若いご家庭にぴったりなシンプルでおしゃれなお仏壇をイメージ。
(アプリアイコンはこのステージです)

実際に調べてみるとモダンな仏壇ってたくさんあるんですね。
IK○Aや○印のようなシンプルな仏壇、北欧インテリアにぴったりな仏壇。

時代は変わっているのです。

大自然


アプリを、トータルで10日起動すると解放されるステージです。

家に閉じこもっていても悟りは開けません。
自然と一体になって新たな境地を目指しましょう。

BGMは、ぜひネイチャーサウンドで!

ねこ


ねこ好きのために用意した特殊ステージです。
念仏ボタン、念仏ボイスがねこ化しますよ。

ある画面に約1/3の確率で出現する「猫の足跡ボタン」を7回タップすると開放されます。

スクリーンショット



念仏ボイス

Version 1.19よりボイスが変更できるようになりました。

住職ボイス

デフォルト
徳を積んだ”住職”のありがたいお声です。
ありがたさの感じ方には個人差があります。

姫ボイス

やわらかい女性のボイスです。

表記、発音について

「佛」表記について

佛(ほとけ)という字は「人と異なるもの」という意味があるようです。
人と異なるもの、すなわち「人間を超越した存在」であるということです。

アプリ内でも一部「佛」の字を利用しておりますが、アプリタイトルなどは一般的でわかりやすい「南無阿弥陀仏」としております。

発音について

「南無阿弥陀仏」の読みはさまざまだと思います。

当アプリでは「ナムアミダブツ」を短縮し「ナムアミダブ」と発音しております。
宗派や解釈によって差異があるのでしょうが、「一般的だと思われる製作者のイメージ」でこのようにしております。

他に以下のような発音があるとおもます。

「ナンマンダブツ」
「ナモアミダブツ」
「ナンマイダ」
「ナマンダ」

発音や表記はさまざまですが、製作者としては「仏さま、ご先祖さまに気持ちを届ける」ことを重視したいと考えております。

お経と念仏

お経とは「釈迦が弟子に残した教え」で、代表的なお経には「般若心経」があります。

これに対し、念仏とは「仏さまを信仰します」という意味の簡単な言葉です。
難しいお経を覚えなくても、ただ「南無阿弥陀仏」と唱えれば良いため、庶民の間で普及したのです。

Materials

AmidaSamadhiはフリー素材を利用しております。
素材の製作者様には大変感謝いたします。

Fonts

Sounds

Images

姫ボイス

姫ボイスは「あみたろの声素材工房」の声素材を使用しております
あみたろの声素材工房

アプリの更新履歴

Android版

  • 2017/06/29 公開終了
  • 2017/01/25 v1.23 – bugfix
  • 2017/01/23 v1.22 – bugfix
  • 2017/01/16 v1.21 – bugfix
  • 2017/01/15 v1.20 – 住職のお説教「佛の道」を追加、コンボ判定を緩和、広告を追加
  • 2016/08/25 v1.19 – 姫ボイス実装
  • 2016/08/08 v1.18 – 軽微な修正
  • 2016/07/23 v1.17 – 猫モード、ステージ大自然実装
  • 2016/07/04 v1.01 – 軽微な修正
  • 2016/06/27 Release

iOS版

  • 2017/06/29 公開終了
  • 2017/04/06 Release
スポンサーリンク
ad_336
ad_336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存