私はWEBプログラム専門ですが、現サービスではインフラの大部分を任せていただけることとなり、勉強しながら対応しています。

そんな中稼働中のサービスでDisk容量が不足してため原因を調査したところ、スワップファイルが4GB確保されていました。

トータルサイズ12GBのうちの4GBがスワップ という、明らかにスワップにリソースを裂きすぎている状況でしたので、縮小することとします。

そもそもスワップの発生が稀であるため、512MBに縮小します。

実行したコマンドは以下の通りです。

# swapoff -v /swap.img
# rm -f /swap.img
# fallocate -l 524288k /swap.img && mkswap /swap.img && swapon /swap.img

インフラについては、クラスメソッドさんが運営するDevelopers.IOを、いつも参考にさせていただいております。
今回参考にさせていただいたエントリは以下です。

Developers.IO
Amazon EC2(Linux)のswap領域ベストプラクティス
http://dev.classmethod.jp/cloud/ec2linux-swap-bestpractice/