Windows 10にアップグレードしましたが、全く問題なく開発もできており、すこぶる順調なように感じます。
スタートメニューの柔軟性など、使い勝手も向上していますし、起動も早くなったと感じます。

1点、気が付くとsvnのマークが表示されていません。
「svnのマーク」といいましたが、追加、変更、更新などを表すアイコン(マーク)で、アイコンオーバーレイという名称です。

プログラムはGitを使っていますが、ドキュメント類はsvnを利用することが多く、今まで出ていたアイコンセットが表示されないととっても違和感があります。

環境

  • Windows 10
  • TortoiseSVN

原因と対処方法

アイコンオーバーレイは「設定の上限数」が決まっており、Windowsはその 上限がかなり少ない ようです。 ※Windowsのアイコンオーバーレイは 『15』 が上限のようです。

今回はWindows 10のアップグレード時にアイコンオーバーレイが追加された、svnのアイコンオーバーレイが上限から漏れてしまったようです。

以下を参考に、レジストリを修正します。

参考サイト

Tipi:subversion/TortoiseSVN/アイコンが更新されない

こちらの「 不要なアイコンオーバーレイの設定削除 」が有効でした。

regeditでアイコンオーバーレイの設定を覗く

レジストリの修正 は大変危険ですので、事前にバックアップを取ってくださいね。当然ですけど。

regeditを起動し、Cntl+Fで次のアイコンオーバーレイのキー項目を検索します。

\HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerShellIconOverlayIdentifiers


ありましたありました。
予想通り、OneDriveとSkyDriveの設定が追加されたために、TortoiseSVNの設定があふれてしまったようです。

私はOneDriveもSkyDriveも使用しておらず不都合がないため、TortoiseSVNの設定を優先しますが、これはみなさんそれぞれの状況によって何を優先させるか検討してください。

OneDrive、SkyDriveは使用していないと言っても、ソフト自体は削除せず、アイコンオーバーレイの設定も残すことにしました。
この2つのキーには 先頭に半角スペースが入って います。

Tortoiseのキーに対しても、先頭に半角スペースを入れ、キーが上に来るようにします。
キーを右クリックして名前の変更を行います。

編集後のレジストリです。
PCを再起動すると、svnのアイコンオーバーレイ表示が復活しました。

これはDropBoxなどをインストールしても同じ症状が出てしまいます。
そもそもの上限数が少ないと感じますので、WindowsのOSの側で、アイコンオーバーレイの上限を増やして欲しいですね。

この記事を書いた人はtomita@atuwebでした。

ご注意

前述の「半角スペースを入れる方法」ですと、TortoiseSVNをアップデートした場合に「 アイコンオーバーレイのキー項目がダブってしまう 」という不都合が出るようです。

それは半角スーペースを余計に入れたことにより、本来のキーと一致しなくなってしまうためです。

具体的にはこんな感じになってしまうようですね。。。

 1TortoiseNormal
 2TortoiseModified
 :
1TortoiseNormal
2TortoiseModified
 :

私自身はWindowsもTortoiseSVNも現在は利用しておらず、このような問題が出ることを認識しておりませんでした。 このトラブルに遭遇された方にはお詫びいたします。


2017年06月12日:更新時の挙動について追記
2015年08月28日:アイコンオーバーレイの上限数について追記
2015年08月25日:タイトルを変更(マーク=>アイコン)