15年以上前にMac OS9を使って以来のMac。
実際に数日使ってみて戸惑ったところが沢山ありました。

キーボード

手になじむ使い慣れたキーボードは、職人プログラマにとっての武器です。

新しいPCで困るのは、キーの配列がちょっと違っちゃうことですね。

WindowsとMacでは機能付きボタンやキーボードショートカットにいくつも相違がありますから、体がそれを思い出すまでに時間がかかってしまいます。

たとえば、半角全角の切り替えボタンの場所が違うとか、Webブラウザのソース表示方法が違うとか、、、
これはもう地道に覚えていくしかありません。

バックスラッシュ

そんな中、かなり迷ったのがバックスラッシュ。
PHPの名前空間でバックスラッシュを使いますが、頻繁に使うのにどう入力するのかがわからない。。。

答えは「 optionキーを押しながら、¥キーを押す 」ということでした。

スクロールの向きが、、、

初期状態ではマウスでウィンドウをスクロールする操作が、WindowsとMacで逆のようでした。
ちょっとスクロールすれば向きが確認できるので、それほど困りはしませんでしたが、こういった相違はじわじわ効いてきます。

  1. “システム環境設定”を開く
  2. “マウス”をクリック
  3. マウス設定の「スクロールの方法:ナチュラル」のチェックを外す

これで、マウスからのスクロール向きを変更することができました。

ふむふむ、これがスマートスクロールですね。

勝手にズームされるんですけど

一番苦しかったのがこれです。

キーボードからマウスに手を移すタイミングなどで 突然画面がズームされてしまって、元に戻せない 。。。

戻し方がわからないのでしかたがなく「ウィンドウを閉じて開きなおす」という無駄なことをしていました。

対処1:ズーム機能

調べてみて「ズーム機能」なのかなとあたりをつけ、設定を変更してみます。

  1. “システム環境設定”を開く
  2. “アクセシビリティ”をクリック
  3. 「ズーム機能」のチェックを外す

キーボードからも切り替えができるようなので、こちらもチェックをはずします。

  1. “システム環境設定”を開く
  2. “キーボード”をクリック
  3. 「ズーム機能」のチェックを外す

これで解消するといいな、、、と思って作業を続けます。

対処2:スマートズーム

しかし、そう甘くはありませんでした。
作業を続けていると再び同様に画面がズームになって戻せなくなります。

別のマウス設定を変更しようとしたところ、スマートズームを見つけ、チェックを外すことでようやく解決したのでした。

設定変更方法はこちらです。

  1. “システム環境設定”を開く
  2. “マウス”をクリック
  3. マウス設定の「スマートズーム」のチェックを外す

マウスのシングルボタン

Macと言えば 昔からマウスボタンが1つ ですね。
iOSを使っていたので、なんとなく長押しをしてメニューが出るかやって見ることで、解決することもありましたが。

Winddowsのような右クリックボタンを有効にするため、システム環境設定を変更します

  1. システム環境設定を開く
  2. マウスをクリック
  3. マウス設定の「副ボタンのクリック」をチェックする

これで右クリックでこコンテクストメニューが表示されるようになりました。

静かにうるさいVoiceOver

キーボード操作に迷ってあれこれタイプしているうちに、突然出てきた黒いフキダシ。
何か操作をするたびに文字が切り替わって、 無音なのにかなりのうっとおしさ

これはMacのアクセシビリティ機能でVoiceOverというものでした。

  1. “システム環境設定”を開く
  2. “アクセシビリティ”をクリック
  3. 「VoiceOver」のチェックを外す

こちらもキーボードから有効にできるようなので、キーボード操作も無効にしておきます。

  1. “システム環境設定”を開く
  2. “キーボード”をクリック
  3. 「VoiceOver」のチェックを外す

アプリケーションのインストール

Windowsはインストーラーをダブルクリックするだけですが、Macはこの点も大きく違いますね。

Chromeのインストール中、Chormeアイコンとフォルダアイコンが表示されて「???」でしたが、ここでChomeアイコンをフォルダ側にドロップすることでインストールが完了するのですね。
この手順がなぜ必要なのかちょっとわからないです。

.app.dmgという2種類があるのも混乱ポイントだと思います。

メニューバーが

Windowsではそれぞれのアプリケーションウィンドウにメニューバーも表示されていますが、Macはモニタ上部にメニューバーが表示される仕様で、アクティブなウィンドウによってメニューバーの内容も切り替わります。

これは忘れていました。

ディレクトリの移動

Windowsではいつもアドレスバーを表示していますが、Macで同様にパスを打ち込んで移動する方法がわからない。

こちらの実行方法は次の2つがあります。

  • 「移動」メニューの「フォルダへ移動」を選択
  • 「Shift」+「Command」+「G」のキーボードショートカット

その他

Windowsで使っているマウスジェスチャー(StrokeIt)や、ウィンドウのタブ化(Clover)の同等ソフトを探し中です。

でも、いいところもたくさんあるよ

なんだかんだ言っても、好きです、Mac。

Linuxベースで使い慣れたコマンドが当たり前に使える点や、PHPやApacheなどのミドルウェアが標準でインストールされているところなど、エンジニアに好まれるポイントにふれ、「やっぱり、いいよな」と感じました。

ラインナップを絞っているのがMacの戦略という点はよく分かっていますが、欲を言うと「Core i7、メモリ16GB、SSD512GB、本体重量1Kg未満」という最強のPowerMacが欲しいです。
Appleさま、どうかよろしくお願いします。


この記事を書いた人はtomita@atuwebでした。