私がお世話になっている、さくらインターネットさんの「 さくらのレンタルサーバ 」では、無料の SSLサーバ証明書 Let's Encryptを簡単に利用できることができます。
( 2017/10/17 より提供開始です。)

今回、稼働中の WordPress ブログを、専用プラグインで 常時 SSL 化 する手順と注意点をまとめました。


「常時 SSL」とは、ブログのすべてのページを HTTPS で表示する ことを言います。

そもそもの「 なぜ HTTPS にする必要があるの ? 」という疑問をお持ちの方も多数いらっしゃると思います。 その点については別記事を作成中です !

証明書の申請

ブログを HTTPS にするにはSSL証明書を申請して、サーバに設定します。

コントロールパネルでの作業

はじめにコントロールパネルにログインしましょう。
[ ドメイン/SSL設定 ] を開き、HTTPS にしたいドメインの [ 証明書 > 登録 ] リンクをクリックします。

ドメイン/SSL設定 設定前のコントロールパネル表示
ドメイン/SSL設定 設定前のコントロールパネル表示

次のページでは「無料SSLの設定へ進む」ボタンをクリックします。

無料SSLの設定へ進むボタン
無料SSLの設定へ進むボタン

次ページで「無料SSLを設定する」ボタンをクリックすれば、SSLの申請が完了します。

無料SSLを設定するボタン
無料SSLを設定するボタン

その前に、Let’s Encrypt 利用ポリシーを含め、説明はしっかりチェックしてくださいね。


次の画像このように表示がされれば OK、この画面で行う設定は完了です。

無料SSL証明書の発行手続き中表示
無料SSL証明書の発行手続き中表示


ドメイン設定直後などは次のように表示され、SSL証明書を申請することができません。
この場合は時間をおいて再度アクセスしてください。

名前解決ができない場合のエラー表示
名前解決ができない場合のエラー表示

設定完了通知

SSL証明書の用意ができると、さくらインターネットさんからメールでお知らせが届きます。

SSLサーバ証明書発行のお知らせ
SSLサーバ証明書発行のお知らせ

メールが届くと、[ ドメイン/SSL設定 ] で次の表示となり、証明書の設定まで完了していることがわかります。

ドメイン/SSL設定 設定後のコントロールパネル表示
ドメイン/SSL設定 設定後のコントロールパネル表示

申請から発行まで、私の場合は 1 時間程度でした。
状況によって時間は前後すると思います。

プラグインのインストール

証明書の申請が完了したら、次は専用プラグインを用意します。


WordPress の管理ツールにログインし、[ プラグイン > 新規追加 ] に遷移し、検索フォームに SAKURA RS WP SSL と入力します。
(入力後、Enter キーを押さないことがポイントです。)

プラグインを検索
プラグインを検索

「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」をインストール、有効化します。

さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン
さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン

プラグインを有効化すると、WordPress 管理ツールのメニューに [ 設定 > SSAKURA RS WP SSL ] が追加されます。

さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン
さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン

さくらのレンタルサーバさんで新しく WordPress をインストールした場合は、初期にこのプラグインがインストール済みのため、有効化するだけで OK です。

SSL化の実行

では「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」で 常時 SSL 化の設定を進めましょう。

WordPress管理ツールの [ 設定 > SAKURA RS WP SS ] をクリックすると、次の画面が表示されます。

さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン
さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン

SSL 化のチェック

SSL 証明書の設定が済んでいない状態でプラグインを有効にするとブログにアクセスできなく なってしまいます。

さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン SSL化の確認ステップ
さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン SSL化の確認ステップ

次の 2点 をチェックし、問題がなければチェックボックスにチェックを入れます。

  • SSL 証明書が設定済みか ?
  • http を https にしてブログにアクセスできるか ?

SSL 証明書が設定済みか ?

さくらインターネットさんのコントロールパネルで [ ドメイン/SSL設定 ] が完了しているか、再度確認します。
このような表示になっていれば OK です。

ドメイン/SSL設定 設定後のコントロールパネル表示
ドメイン/SSL設定 設定後のコントロールパネル表示

http を https にしてブログにアクセスできるか ?

ブログの [ http ] を [ https ] に変更してもアクセスできるか、実際にブログを表示して確認します。

URLは設定画面のこの部分に記載がありますよ。

さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン SSL化の確認ステップ URLの確認
さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン SSL化の確認ステップ URLの確認


ブログで次の画面に進むなどした場合、このように表示が崩れることがあります。

HTTPS 化チェック時のレイアウト崩れ 例
HTTPS 化チェック時のレイアウト崩れ 例

びっくりしてしまうと思いますが、この段階ではまだリンクの書き換えが行われていないためのようです。

SSL 化の実行

確認ステップが完了し、先の2つのチェックボックスにチェックを入れたら、いよいよ SSL 化を実行します。

画面を一番下までスクロールし「SSL化を実行する」ボタンをクリックしましょう! 勇気を出して!

さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン SSL化の実行
さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン SSL化の実行


これでアドレスバーが緑になりました。

常時SSL化後のアドレスバー
常時SSL化後のアドレスバー

設定完了すると、先ほど崩れていたところも問題なく表示できるようになっていることが確認できますよ !

常時SSL化後のレイアウト崩れ解消
常時SSL化後のレイアウト崩れ解消

設定後、ブログを一周してみましたが、ブログのレイアウトやコンテンツは問題なく表示され、本当に簡単でした。

HTTPS にすることで起きるトラブルは ?

ブログを HTTPS にした場合「 画像類が表示されなくなった 」というトラブルが発生することがあります。

これは「安全性を高めるために、HTTPS ページの中に HTTP で通信したものを表示させない 」というブラウザの制御によるものです。

「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」では、画像なども含めてブログ全体を HTTPS に変換してくれるため、自分のブログは問題がありません。

例えばアフィリエイトなど、異なるドメインの画像を表示する場合、相手も HTTPS 対応済み である必要があるため、その辺りを事前にチェックしておくと良さそうです。


SEO 関連に関して、一部 SNS では HTTP と HTTPS を別々に扱うようです。 SSL 化によって「いいね!」などのカウントがリセットされるのは寂しいですが仕方がありません。

Google Search Console なども、HTTPS に変更する必要があるのですが、すぐに対応でき、私は問題ではないと考えていますよ。

おわりに

今後は、ほとんどのサイトが常時 SSL 化されていくと思います。

今回ご紹介したさくらインターネットさんのように、「簡単に SSL 化できる」サービスがどんどん増えていくと思います。 うまくそういったものを活用しましょうね !


しかしながら、運用年数が長くページが膨大だと SSL 化の影響も大きいと思います。
そういった方はじっくりご検討されることをお勧めいたします。

atuweb では 札幌で WordPress サポート業務を開発、実施していく予定です。
プロの開発現場で培ったスキルを駆使し、全力でサポートいたしますよ!

お困りの方はぜひお声がけください。


さくらインターネットさんはマストドンのイージーインストールをいち早く用意するなど、新しい取り組みをされていて好きです。
また、北海道石狩市にデータセンターがあり、石狩に雇用を創出しておられるため応援しています !

さくらのレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバ


2017年11月12日:一部文章を追記しました。