Mission Control と 作業スペース

Mac には作業スペーズをたくさん作って用途によって切り替える機能があります。

F3キー を押して右上の + ボタンをクリックすると新しい作業スペースが追加されます。

こっちは動画閲覧用、こっちは画像編集用というようにデスクトップごと切り替えて使えるのでとっても便利なんです。

勝手に順番が入れ替わっちゃうんだけど ?

この Mission Control、初期状態だと順番が勝手に入れ替わってしまうのです。

「よく使う順に」してくれているようなのですが、「この場所はこれ」というように覚えられないため、用途によっては不便です。

そんなときは自動並び替えをストップしてしまいましょう。

システム環境設定 > Mission Control を開いて 最新の使用状況に基づいて操作スペースを自動的に並び替える のチェックを外しましょう。

それだけです。

設定する場所がわかってしまうと簡単ですね。

参考

同じ用に困っている方は、いらっしゃるものですね。

Mission Controlのデスクトップの順序を勝手に変えないでほしい
https://souzou.motta.jp/2013/02/27/248/

ロジクール キーボード ワイヤレス 無線 KX1000s bluetooth CRAFT マルチデバイス Windows,Mac対応 Adobe CC対応, FLOW機能対応

【プレミアムなタイピングと効率的なクリエイティブ制作の両立を実現したbluetoothキーボード】高品質な素材を採用し、プレミアムで精確なタイピングを実現するbluetoothキーボード。左上のクリエイティブ入力ダイヤルで作業をより効率的に進行できます。 【ユニークなクリエイティブ入力ダイヤルが標準付属】筐体の左上にクリエイティブ入力ダイヤルを装備。本ダイヤルを使用すれば、作業しているアプリを自動認識して必要なツールメニューを作業画面上に掲出するので、簡単に必要なメニューにアクセス可能 【Adobe CCでの制作をより直感的に、スマートに】クリエイティブ入力ダイヤルを使用することで、Illastrator CC, Premier Pro CC, Photoshop CC, InDesign CCといった、Adobe CCアプリでより直感的でスマートな作業が可能に(Mac/Windows)。Microsoft Officeでも活用可能(Winのみ) 【細部にまでこだわった設計】入力ダイヤルとボディには、見た目だけでなく堅牢でしっかりとした打鍵感をお楽しみいただける陽極酸化アルミを採用。キーは、打ち損じが少なく精確なタイピングができるインカーブデザインを採用。また、キー入力の精確性をアップするコーティング加工も導入。スマートイルミネーション機能も搭載 【その他、スペックなど】サイズ:32mm x 430mm x 149mm、重さ:960g、Bluetooth接続(Bluetooth Low Energy対応)/Unifying (USB)接続、充電式(USB Type-C)、113キー日本語レイアウト、キー構造:メンブレン、キーピッチ:19.0mm、キーストローク:1.8mm、押下圧:60±20

Amazonで詳細を見る