当ブログは 静的サイトジェネレーターの Hugo で制作しております。

Hugo への乗り換えは私にとってメリットしかありませんでした。
そのメリットについてまとめます。

Hugo とは

Hugo
https://gohugo.io/

The world’s fastest framework for building websites
https://gohugo.io/

HugoGolang 製の静的サイトジェネレーターです。

静的サイトとはプログラムによる出力変動がない、HTML や CSS などで構成されサイトを意味します。

まとめると、「Hugo は設定や記事のもととなるファイルから HTML ベースのウェブサイトを高速に構築することができるフレームワーク」です。

Hugo の特徴

静的サイトであること

Hugo は静的サイトををビルドするフレームワークです。

そのため 動的サイトのように「リクエストに応じてレスポンスを変える」ということは基本的できません。
つまり、ログインやサイト内検索といった機能を実装することが難しく、どうしても動的な機能が必要な場合は JavaScript を介するなどの対処が必要です。

静的サイトであることは大きなメリットなのですが、ノンプログラマの方にはとてもとっつきにくくデメリットに感じにくいところですね。

高速であること

Hugo の他にもいくつか静的サイトジェネレーターがあります。
中でも Hugo 高速に動作します。

当ブログは現在 150 ほどの記事がありますが、ブログ全体をビルドしても、0.5 秒 ほどで時間で済みます。

Hugo で享受しているメリット

ロードに待たなくて良い

インターネット上の CMS を操作する場合、必ず「ネットワークの応答待ち」が発生します。

たとえば記事のプレビューに画面更新が 2 秒かかる場合、100 回プレビューすると 200 秒待つことになります。
これは無駄な時間です。


Hugo の場合、手元で編集することが可能なため、ネットワーク要因の待ち時間がありません。

また、ビルドもたいへん短時間で済むため、こういったストレスを感じないことが素晴らしいです。

ファイル管理ができる

Hugo は設定も記事もすべてがファイルです。
この点、データベースにデータを保存する一般的な CMS と比較して楽ができる部分が多いです。

バージョン管理ができる

Hugo はサイト全体をバージョン管理下に置くことが可能です。

Git を利用している方であれば、使い慣れたツールでブログを書くことができます。
これはお手軽ですよ。


CMS にも記事の更新履歴を管理する機能はありますが、次のようなデメリットがあると考えています。

  • 検索性が悪い
  • 設定類は履歴管理に対応していない
  • 更新するほどデータベース上にゴミデータが蓄積する

一括検索や一括更新が容易

記事がテキストファイルであるため、エディタ機能を利用して「記事の一括操作」ことが可能です。

たとえば、このようなことも数秒しかかかりません。

  • ブログ全体から特定ワードを一括で検索
  • カテゴリを一括で置き換える

リスクが少ない

Hugo にはそもそも管理画面が存在しません。

そのため、一般的な CMS のように「管理ツールが丸見え」ということがありません。
「不正ログイン」もありません。

また、プログラムを介さないため「言語やプログラムの脆弱性を攻撃される」こともありません。


このようにセキュリティで注意するポイントが少ないことは 精神的負担減に直結 します。
これは想像以上でしたね。

おわりに

Hugo の「 やりたいことをシンプルにできる 」という点が、私にはとてもマッチしました。

「ブログに余計なコストを掛けたくない」という方はベターなフレームワークであると推薦します。


Hugo は万人向けでははく、使う人を選びます。
ノンプログラマの方には難易度が高めなツールだと感じますが、それでも習得することは十分に可能です。

「優れたツールの使い方にコストをかける」という気持ちがあるかどうか。
それだけだと思いますよ。

この記事の著者 Webrow (うぇぶろう)
Web アプリ開発、 Web 顧問 エンジニア、WordPress サポートいたします。