パーマリンクとは ?

パーマリンクとは 記事 URL のことです。

WordPress では、下図のようにブラウザのアドレスバーに表示される URL を パーマリンク と呼びます。

パーマリンク例
パーマリンク例

WordPress では投稿、固定ページの各ページに、ご自身で任意 URL を設定することができます。

言葉の由来

パーマリンク(Permalink)は、恒久・不変を意味する「パーマネント」(permanent)と「リンク」(link)が掛け合わされた造語である。

IT用語辞典バイナリ
//www.sophia-it.com/content/パーマリンク
現在はリンク切れ

なぜ ?

URL はインターネット上で単一

URL とは インターネット上でホームページなどを一意に指定するための文字 でしたね。

URL はそれぞれのページに一つずつ割り振られたアドレス (住所のようなもの) です。

世界には膨大な数のブログやホームページがありますが、そおたくさんの中から目的のページを見ることができるのは、URL の仕組みがあり、目的のページがどこにあるかを特定することができるためです。

ただし、一文字でも間違えてしまうとたどり着くことができない という点が現実世界と大きく異なります。


パーマリンクを変更するとどうなる ?

ブログ記事の執筆はとても時間がかかるものです。
せっかく頑張って書いたブログですから、たくさんの方に見てもらいたいですよね ?

知人、友人にブログ記事の URL を伝え、ぜひ見てもらいましょう。


たとえば https://atuweb.net/abc というパーマリンクを作成し、知人に知らせます。

URL でページを閲覧
URL でページを閲覧

知人は https://atuweb.net/abc をたどり、あなたのブログページを閲覧することができます。
ここまでは良いでしょうか ?


ここであなたは「やっぱり変えてみようかな。」と思いたち、パーマリンクを https://atuweb.net/xyz に変更します。

さて質問です。
このように公開後にパーマリンクを変更した場合どうなるでしょうか。

URL の変更によってページを閲覧できなくなる例
URL の変更によってページを閲覧できなくなる例

答えは、「 古い URL からブログ記事は見られなくなる 」です。
「404 Not Found」というエラー画面が表示されます。

変更前の URL しか知らない知人は、あなたの記事を見ることができなくなってしまい、離脱につながってしまいます。

知人お一人であれば、「新しいパーマリンク」を伝えることができます。 しかし、第三者が SNS 拡散した場合など、他の人の投稿や大量リンクの URL を訂正してもらうことはかなり難しいことだと思います。

「変わらない」のではなく「変えない」こと

WordPress のパーマリンクは、実は公開後に変更することができます。
また、設定によっては意図せず変わってしまうことがあります。


たとえば、SEO として、パーマリンクにカテゴリを含めることを推奨していらっしゃる方があります。

これ自体は良いことなのですが、カテゴリを変えることでパーマリンクも変わってしまう、ということが起こります。

たとえば

ラーメン食べ歩きの記事を「ラーメンカテゴリ」に設定し、 URL を

  • /ラーメン/記事 1
  • /ラーメン/記事 2
  • /ラーメン/記事 3

のようにしたとします。

ラーメンの食べ歩き記事が 100 件を超えて、地域ごととに分けたいと考え、カテゴリを「ラーメン > 池袋」のようにしました。

すると URL が

  • /ラーメン/池袋/記事 1
  • /ラーメン/池袋/記事 2
  • /ラーメン/新宿/記事 3

のように変わってしまうことがあります。


長くブログを運用していると、記事数が増えてカテゴリを付け替えたい、より適切に細分化したいということがありえます。

そういった時に、パーマリンクが変わってしまうため、カテゴリの変更がやりにくい、ということにつながるのですね。

このように、 「変わることがない URL 」というわけではないため注意が必要 です。

そのため、私はどちらかというと「恒久・不変」なのではなくて「変更しないように注意しましょう」ということなのだと解釈しています。

まとめ

  • パーマリンクとは「記事 URL」のこと
  • URL を後から変更することはデメリットが大きい

パーマリンクは変更しないように注意してください。

「どのようにパーマリンクを決めたら良いの」の具体的な内容については、別途記事を作成中です。