もっと面白いことをやるために、仕事をサクッと終わらせて早く帰宅したいですよね。

そのためには、

  • バグを作らない
  • バグが出ても修正できる
  • 修正しやすい
  • 読みやすい (理解しやすい)

コードを、意識して書くことが重要です。

さて、プログラムのバグも、保守コストをも抑える「良いコード」はどう生み出せばよいでしょうか。

[良いコードを書く技術] を読んで考えました。

良いコードの定義

  • 保守性が高い
  • すばやく効率的に動作する
  • 正確に動作する
  • 無駄な部分がない

保守性

一箇所直しただけで全体でエラーが出るようなことがないこと。

すばやく効率的に動作する

早い事はいいことだ。
計算量を考えた適切な処理をすることが理想。

正確に動作する

当たり前ですが、、、

無駄な部分がない

重複がすくないとか、回りくどさがないとか、いろいろありますね。


良いコードを生み出すには良い書籍をしっかり読むといいですよね。

あとは経験を積み重ねることです。