ブログやウェブサイトに画像を掲載する場合、ちょっと手を加えるだけで格段に見栄えが良くなるものです。

しかし画像加工は案外手間がかかるもので、ブログ書き方などのお話をしていると、ときどき「画像をかんたんに編集できませんか ?」という質問を受けます。

今回、Fotor という画像編集ソフトの Web アプリケーション版を教えてもらいました。

Fotor

Fotor ブラウザ版
Fotor ブラウザ版
Fotor ブラウザ版
https://www.fotor.com/jp/

「ブラウザ版」のため、インストール不要ですぐに利用できるのがいいですよね。

特徴的と感じたところは次の点です。

  • シンプルな操作
  • 美顔など、女性ユーザに嬉しい機能
  • クラウドでファイルを管理できる

猫の画像を編集する

今回「猫の画像」を編集してみました。

@slackbot にゃーん

Picture by pixabay
Picture by pixabay

Fotor を開いて猫画像を読み込みました。

Fotor による画像編集 1 : 画像の読み込み
Fotor による画像編集 1 : 画像の読み込み

「ワンタッチ補正」メニューから色調整とビネット加工を行います。
色温度を上げ、ちょっと温かみがある感じにしてみました。

Fotor による画像編集 2 : 色調整 + ビネット加工
Fotor による画像編集 2 : 色調整 + ビネット加工

「フレーム」メニューから POLAROID を選択し、画像に枠を付けます。
いい感じですね。

Fotor による画像編集 3 : フレーム「ポラロイド」を適用
Fotor による画像編集 3 : フレーム「ポラロイド」を適用

メッセージを強調するため、文字を挿入します。
「テキスト」メニューからタイトル、サブタイトルを選んで画像に配置し、テキストを編集します。

Fotor による画像編集 4 : 文字を挿入
Fotor による画像編集 4 : 文字を挿入

ごめんごめん。
お腹が減っていたんですね。


Fotor を開くとこのような操作ガイドが表示され、それほど迷いがなくサクサク経集できました。

Fotor による画像編集 5 : 操作説明
Fotor による画像編集 5 : 操作説明

今回行った加工はすべて無料で利用できる機能のみを利用しました。
他に付や画像を挿入できる「スタンプ」や、「美顔」メニューにはシミ取り細身加工といった機能があります。

フル機能で利用するには

加工した画像をダウンロードするにはユーザ登録が必要です。 また、便利な機能を全て利用するには有料版へのアップグレードが必要なようです。


フリー版で十分な機能がありますが、有料版である FOTOR PRO にはさらに魅力的な機能があるようです。

アップグレードが必要な機能は、次画像のようにマークが付いておりすぐに判別できる用になっています。

Fotor による画像編集 6 : アップグレードが必要な機能
Fotor による画像編集 6 : アップグレードが必要な機能

アップグレードが必要な機能を試用することも可能で、次のように「すかし」が入ります。
これを「ウォーターマーク」といいます。

Fotor による画像編集 7 : アップグレードが必要な機能を試用した場合にはいるウォーターマーク
Fotor による画像編集 7 : アップグレードが必要な機能を試用した場合にはいるウォーターマーク

アップグレードすると、「すかし」はつかなくなります。

こんな方におすすめ

Fotor はよく使う機能に絞られており、次のような方にはお手軽に利用できそうだと感じました。

  • カンタンな画像加工をサクッと行いたい方
  • 複雑な操作はしたくない方
  • あまりパソコン操作になれていない方
  • おしゃれな加工を楽しみたい方
Fotor ブラウザ版
https://www.fotor.com/jp/

私は Adobe Photoshop Elements を利用しています。

Adobe Photoshop Elements 2019 & Premiere Elements 2019|日本語|通常版|Windows/Macintosh版

Adobe SenseiのAI技術を搭載:写真とビデオの整理、編集、作成が自動でどんどん進みます。 驚きのスライドショーやコラージュ作品が自動で完成。作成後は簡単に管理/共有できます。SNSへの投稿もさらに簡単になりました。

Amazonで詳細を見る

使い慣れたツールなのですが、正直に図形や文字入れなどで「もっと簡単にできないの ?」と感じる部分がいくつもあります。
「硬派」な感じがします。

ちょっとした加工なら Fotor のように特化したものを併用するほうがずっと楽だと感じました。

逆に、レイヤーや減色などカッチリやりたい方にとってはは不足を感じると思います。

要は「使い分け」ですね。

この記事の著者 Webrow (うぇぶろう)
Web アプリ開発、 Web 顧問 エンジニア、WordPress サポートいたします。