時間と場所に縛られず、専門性を売って稼ぐ人になる

耳あたりの良い、これからの時代にぴったりなキャッチコピーを掲げる書籍『COOL WORKES』を拝読いたしました。

Cool Workers

著者の北村氏は「コンサルタントの仕事紹介」や「コワーキングスペースの経営」などの事業を展開する Ascent Business Consulting 株式会社 の社長です。

本書は「専門性を売る」ためのノウハウが充実していますが、たくさんのフリーランサーと接している著者ならでは内容だと感じますね。
説得力もあり、面白いです。

内容紹介

少子高齢化・生産年齢人口減少へと向かう日本で、あなたはどう生きる?

日本の雇用問題解決のカギを握る、クールワーカーズ(Cool Workers)。

それは、好きな仕事を、望む場所で行い、より多くの報酬を得る働き方を実現する、最強フリーランス。

内容は次です。

  • 近い未来の労働市場と、新しい働き方
  • コワーキングスペースの紹介
  • フリーランスの実態やノウハウ、トラブル事例
  • フリーランスにコミュニティが必要な理由
  • 自分を売れるフリーランサーになるためには
  • Cool Woeker として活躍されている方の事例紹介

感想など

本書のキーワードは次の 2 点です。

  • 「雇用」から「契約」へ
  • スキルとマインド

「雇用」から「契約」へ

本書の冒頭は労働市場の変化について述べられています。

労働市場の変化は大きく次の 2 点です。

  • 企業が短命化する
  • 労働人口が減少する

このような変化に伴い、 効率よく成果を出す労働 が求められています。

素人ばかりのプロジェクト

たとえば、新規プロジェクトを立ち上げる状況を考えます。

プロジェクトに専門知識のあるメンバーが一人でもいればよいですが、実際は「社員がみな素人」という状況がほとんどでしょう。

そこから知識を得るのには時間がかかりますし、社員に適正があるかどうかはわかりません。
それに、そんな悠長なことをしている余裕はないでしょう。

このようなときに専門性の高い外部パートナーと連携できると、プロジェクトが一気に加速するものです。


「必要なときに、必要なスキルを持っている人を、必要な期間だけ調達する」 というように、複数のビジネスパートナーと有機的に連携することが、今後は一般的いあってくるとよそうされます。

これが 「雇用」から「契約」へ という言葉が示しているものです。

「中途半端なゼネラリストよりも、尖った専門性を持ったほうが売れる」と時代になると言えます。

専門性を高めるメリット

「専門性を高める」ことはメリットしかないと考えます。

「新卒で入社した企業を、定年まで勤め上げる」と、素朴に信じる人は少ないと思いますが、これからは

  • 企業が短命になること、
  • 寿命が労働年数が延びること

から「一つの企業に居続ける」ことがとても難しくなってきます。

しかし、高齢になってお世話なった会社が消滅してしまったとしても、 「市場で求められるスキルが」 があればなんとかなるものです。


「私にはそんなスキルがない」と感じる人が多いのではないかと思います。

本書にも「日本の労働市場は閉鎖的で流動性が低い」ということが述べられていますが、そのために価値が明確になっておらず、わからないから不安になる のであって、実は希少性のあるスキルを持っているかもしれません。

まずは「今できることを可視化する」と良いと思います。

スキルとマインド

本書では「売れるフリーランスの条件」として次を挙げています。

  • 「先に与える人」かどうか
  • 「売れる専門性」を持っているかどうか

「売れる専門性」を持っているかどうか

「専門性を高める」ことと同じく「その専門性が求められているかどうか」も重要なことです。

ニーズがなければ価値として人気されませんから、当然のことですが、「今持っている手持ちの武器」だけで頑張ろうとすると、方向性を誤ってしまいことにもなりかねません。

「どちらを向いて努力するか」ということも考慮が必要なことです。

「先に与える人」かどうか

本ブログでも再三述べているように思いますが、 業界で長く生き残るためには「信用」が何よりも一番大切 です。

本書では、信頼を得るために「信頼の種まき」をするというお話も掲載されています。


この点は思い違いをしている人があるかもしれませんが、フリーランスこそマインドが重要 です。
それは、フリーランスという立場では「個人 対 個人」の関係性が顕著になるためです。

「仕事は多少できるかもしれないけど、なんか面倒くさいんだよね」という評価になってしまうと、お付き合いを継続するのは難しいでしょう。
本書に其のようなトラブル事例の掲載がありました。


成果を出すことはもちろん、 「姿勢や人柄 ( = マインド) 」 もとても重視されます。

おわりに

『売れる専門性』と『売れない専門性』など、本書はフリーランスに興味を持っている方にとってプラスになるリアルな話が多数掲載されています。

フリーランスに興味がない方にも、

  • これからの労働市場がどうなるか
  • そのなかで、わたしたちはどうやって立ち回るべきか

といった内容はきっと役に立つはずです。
「こういった働き方もあるのだ」ということを知る ことは重要ですから。


IT 系でスキルとマインドに自身がある方は、フリーランスに転校することで未来が開けるかもしれません。

レバテックフリーランス
レバテックフリーランス

ギークスジョブ
ギークスジョブ

この記事の著者 Webrow (うぇぶろう)
Web アプリ開発、 Web 顧問 エンジニア、WordPress サポートいたします。