ColorfulBox に Rsync をインストールしましたため、ログします。

Rsync だけではなく、その他のコンパイルもほぼ同じ手順ですよ。

なぜ ?

当ブログは Hugo で制作しており、Hugo でビルドした HTML ファイル群を公開ディレクトリへ同期するためです。

標準では Rsync がインストールされておらず、新たにインストールしました。

手順

インストール手順を解説しますす。

Terminal を開く

ColorfulBox の cPanel にログインし、「メニュー > 詳細 > Terminal 」をクリックします。

ColorfulBox cPanel
ColorfulBox cPanel

すると、次の「真っ黒画面」が表示されます。

ColorfulBox cPanel Terminal
ColorfulBox cPanel Terminal

この真っ黒画面にコマンド (命令) を入力してインストールをすすめます。

Rsync がインストールされているか

Rsync が使える状態かどうか、 which コマンドでチェックします。

1$ which rsync

結果は次となりました。

1/usr/bin/which: no rsync in (/usr/local/cpanel/3rdparty/lib/path-bin:/usr/local/bin:/usr/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/opt/cpanel/composer/bin:/home/user_name/.local/bin:/home/user_name/bin)

「 no rsync 」ということなので、インストールされていないようです。

Rsync をダウンロードする

Rsync をインストールするために tar ファイルを入手します。

rsync web pages
https://rsync.samba.org/

私は最新の rsync-3.1.3.tar.gz を利用することにしました。

ダウンロードリンクを右クリックし、tar ファイルの URL をコピーします。


次に、Terminal で tar ファイルダウンロードします。

1$ mkdir libs
2$ cd libs
3$ wget https://download.samba.org/pub/rsync/src/rsync-3.1.3.tar.gz

ダウンロードが終わったら tar ファイルを展開します。

1$ tar zxvf rsync-3.1.3.tar.gz

コンパイルする

続けてコンパイルします。

1$ cd rsync-3.1.3
2$ ./configure --prefix=/home/user_name/.local

ポイントは --prefix オプションを指定 することです。

パスが通っている ~/.local/ 以下にインストールするために必須のオプションですよ。 prefix を指定することで、ディレクトリは、

configure が終わったら次のコマンドを打って完了です。

1$ make && make install

インストール確認

Rsync がインストールされたか確認です。

1$ which rsync
2~/.local/bin/rsync
 1$ rsync --version
 2rsync  version 3.1.3  protocol version 31
 3Copyright (C) 1996-2018 by Andrew Tridgell, Wayne Davison, and others.
 4Web site: http://rsync.samba.org/
 5Capabilities:
 6    64-bit files, 64-bit inums, 64-bit timestamps, 64-bit long ints,
 7    socketpairs, hardlinks, symlinks, IPv6, batchfiles, inplace,
 8    append, no ACLs, xattrs, iconv, symtimes, prealloc
 9
10rsync comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.  This is free software, and you
11are welcome to redistribute it under certain conditions.  See the GNU
12General Public Licence for details.

問題なくインストールされました。

おわりに

クラウド型で軽く、障害対策もバッチリな ColorfulBox(カラフルボックス) はおすすめのレンタルサーバです。

cPanel は機能が充実しているため、通常はこういった作業は不要ですが、誰かの役に立つこともあると思い記事にいたしました。