MySQL をダンプしてファイル保存する場合、

1$ mysqldup [DB Name] > [出力先]

というようにします。

当ブログのデータベースをダンプする場合は、次のようにやる感じですね。

1$ mysqldup atuweb_blog > atuweb_blog.sql

ファイルを作るときに、

ファイル名に日付が入ってくれると

  • いつのデータがすぐ分かる
  • 翌日ダンプして、間違えて消してしまったりすることもない

など、いろいろ捗りますね。


コマンドをちょっと変えて、日付が入るようにしましょう。

1$ mysqldup atuweb_blog > atuweb_blog_`date +%Y%m%d`.sql

とすると、実行時の日付が入ってくれます。

記事作成時は

atuweb_blog_20190619.sql

というファイルができました。

簡単ですね !

運用☆ちゃんと学ぶ システム運用の基本

沢渡 あまね,湊川 あい
出版社:シーアンドアール研究所  発売日:2019-04-13

Amazonで詳細を見る