「この人は仕事をなめているな」

Git のコミット履歴を見た瞬間に、そう感じてしまったプロジェクトがありました。


そのコミットメッセージはこちらです。

1作者: (゚д゚) <xxx@xxxx.xxx>
2
31st commit.
4-- ヽ(・∀・)ノ --

お、おめでとう、、、、

1作者: (゚д゚) <xxx@xxxx.xxx>
2
32nd?

なぜ疑問形なんだろう。

1作者: (゚д゚) <xxx@xxxx.xxx>
2
3?

自分で何やってるか理解してないんだね。

1作者: (゚д゚) <xxx@xxxx.xxx>
2
3re:34th. / sorry, I'm mistake.. (´・ω・`)

誰に誤っているのでしょうか ?

1作者: (゚д゚) <xxx@xxxx.xxx>
2
3Sorry, bug bug (´・ω・`)...

もしかして、落ち込んでいるのか ?

1作者: (゚д゚) <xxx@xxxx.xxx>
2
3・・たいした更新でゎなぃ ┐(´∀`)┌ ヤレヤレ

自分で仕事してないって宣言してるっぽいですね。

1作者: (゚д゚) <xxx@xxxx.xxx>
2
3(#・∀・) fuck!

おっ、喧嘩売ってるねー。


ここまでのは、なかなかないと思います。

仕事を楽しく

ワクワクする開発を

というのは、わかりますけれども、

こういった悪ふざけは、仕事を楽しくするものとは違いますよね。


コメントの類は、近い未来、プロジェクトに関わる全員に残すべきメッセージです。

みなさんは 見た人に伝わるコミットメッセージ を意識してくださいね !
当然ですが。

サルでもわかるGit入門

大串 肇,アクツ ユミ,一戸 健宏,兼清 慮子,齋木 弘樹,清野 奨,福嶌 隆浩
出版社:インプレス  発売日:2018-09-25

Amazonで詳細を見る