以前、オライリーの『ベタープログラマ』

を読んで、「チームで議論できる良い構成の本だ」という感想を持ちました。

そして、本書で気に入ってしばしば使っている言葉があります。

それが プログラマの第六感 です。

「臭い」「嗅覚」などと表現する人もあると思います。


本書を引用すると、

バグに噛みつかれた後は、潜在的なバグが自然とわかるようになる
これがプログラマの第六感 ( Sixth Sense ) です。

ベタープログラマ

です。

プロジェクトが炎上したり、インフラ生涯が発生したり、日々たくさんの課題に囲まれている方は多いことと思います。

ひとつ言えることは、 「そのどれもが、あなたの経験値になる」 ということです。


私は、営業や事務という仕事を経て、プログラマーになりました。

スクールでプログラムの勉強をしたものの、勉強と実務とではレベルがかけ離れており、悔しい思いをしながら、少しずつ経験を積んでいきました。

プログラムのことがちょっとは理解できたかなと感じ始めたのが、3 年が経過したあたりからです。

それまで、

  • バグを出してデータを壊してしまったり
  • ヒューマンエラーで本番を止めてしまったり

迷惑をかけたことが何度もありました。

けれども、そういった経験を経ることで、少しずつ「なんとなく危険な感じがする」という第六感が研ぎ澄まされていくのですね。

今では若手のエンジニアさんにレビューでいろんな指摘ができるようになりました。 振り返ってみると、苦しい思いをしたことも、無駄ではなかったと思います。


しなくても良い苦労はありますが、どうかぜひ経験を積んで、たくさんのバグに遭遇して、第六感を磨いてください。

『システムの問題地図』には、 「トラブル経験を発表し合う、しくじり先生大会」をやると良いよ という話もありました。