でかいモニタが流行っている

まわりの IT エンジニアのさんがそろって大きめの PC モニタを導入していたのが羨ましくなり、私もデスク周りを改造に着手しました。

そのために今回購入したのが Acer の 31.5 インチモニタ EB321HQUBbmidphx です。

Acer WQHDモニター EB321HQUDbmidphx 31.5インチ IPS 非光沢 2560x1440 WQHD 75Hz 300cd 4ms HDMI

輝度: 300cd㎡(/白色LED)/応答速度: 4 ms (GTG) 入力端子: DVI-D(Dual Link対応)×1、HDMI 1.4×1、DisplayPort v1.2×1/スピーカー: 3W+3W ステレオスピーカー 本体寸法(W)×(H)×(D)mm: 725.9 x 457.0-597.0 x 266.5/本体重量(スタンドあり): 10.1 kg(/スタンドなし): 5.8kg 付属品:オーディオケーブル(1.5m)、HDMIケーブル(1.5m)、電源ケーブル(1.5m)、ユーザーガイド、保証書、台座、修理依頼書 保証期間: 3年間センドバック保証(ただしパネル、バックライトは1年間)のみ オンサイト含め延長保証は無し

Amazonで詳細を見る

このモニタは 最大解像度 WQHD (2560x1440) です。
このくらいあると、プログラミングで困ることはほとんどない気がしますね。

ただし、インチ数が大きくても 解像度が低いと表示領域は狭いまま で、「なんかアイコンがでかくなっただけ」みたいになってしまうため要注意です。

変更前

デスクの改造前は 24 インチのモニタを 2 枚横に並べるスタイルでした。

こんな感じですね。

モニタを 2枚 横に並べる場合
モニタを 2枚 横に並べる場合

最初は「 2 枚もモニタあるなら楽勝」と、考えていましたが、これはこれで、わりと面倒くさいところがありますよね。

Mac だと

  • Dock が遠い方のデスクトップにある
  • アクティブではないデスクトップに切り替える手間

そして最近では、

  • スリープ復帰時に返ってこないことがある (OS 不具合)

とか、まあそんなところです。

変更後

そして 31.5 インチのモニタに乗り換えると、かなり使い勝手が違うことを実感しました。

こんな感じです。

31.5インチモニタの場合
31.5インチモニタの場合

大画面にした直後は、 「モニタでか !」と、圧倒 されました。

これはでかい!


画像なので、リアルではありませんが、比べるとこんな感じですね。

モニタを 2枚 横に並べる場合
モニタを 2枚 横に並べる場合
31.5インチモニタの場合
31.5インチモニタの場合

でかいなー。

視界全体がモニタで塞がれてしまうくらいです。

ウィンドウを散らかしておいても スペースに余裕 があって、 無理のない感じでモニタ全体を見渡せられる 、っていうのがいいですよ。

けれども、この大きさにも 1 週間ほどで慣れますよ。

モニタ 2枚 より快適な使用感

大きなモニタを使い続けてみて、

  • 視界の殆どがモニタなので、無駄な所がない、見たくないものを見なくて良い
  • 表示領域が広くなった分、ウィンドウも大きく表示できて快適
  • 首を左右に振ることがすごく減って楽になった

というメリットを感じています。

上下スクロールが減る

プログラミングをする方は、コードは、基本縦に長くなるものですが、「横長のモニタ 2 枚」よりも「大きな 1 枚」のほうが縦が長くなるため、 上下スクロールが明らかに減る 、というところでメリットを感じると思います。

そのあたりから、コーディングはかどっている感が感じられるため、「でかいモニタが流行った」と思うんですよね。

これはちょっとやってみてほしいですね。

左右の首振りが減る

また、モニタ 2枚 だと、

  • 1 つはチャット用
  • 1 つはコーディング用

みたいにすると思うのですが、これって「右見て、左見て」の繰り返しでけっこう疲れるんですよね。

このてんも、モニタ 1 枚なら、首振りのアクションは限られるため、疲労感が軽減しますね。

通知機能なんかをうまく利用すると、更に疲れない環境にできそうです。

価格がこなれてきて、買い時かも

EB321HQUBbmidphx は

Acer WQHDモニター EB321HQUDbmidphx 31.5インチ IPS 非光沢 2560x1440 WQHD 75Hz 300cd 4ms HDMI

輝度: 300cd㎡(/白色LED)/応答速度: 4 ms (GTG) 入力端子: DVI-D(Dual Link対応)×1、HDMI 1.4×1、DisplayPort v1.2×1/スピーカー: 3W+3W ステレオスピーカー 本体寸法(W)×(H)×(D)mm: 725.9 x 457.0-597.0 x 266.5/本体重量(スタンドあり): 10.1 kg(/スタンドなし): 5.8kg 付属品:オーディオケーブル(1.5m)、HDMIケーブル(1.5m)、電源ケーブル(1.5m)、ユーザーガイド、保証書、台座、修理依頼書 保証期間: 3年間センドバック保証(ただしパネル、バックライトは1年間)のみ オンサイト含め延長保証は無し

Amazonで詳細を見る

新しいモデルが出ていることもあり、

3 万円切ることもあるようなので、だいぶ手が出しやすくなっていますね。
探せばもうちょっと安価なものがありそうです。

万を超える出費ではありますが、「快適な環境」という点では間違いなく得られるものがある思います。

かなり実感を持っておすすめです。


大きなモニタ + アーロンチェアでコーディングするとかなり気持ちがいいです。

ハーマンミラー アーロンチェア リマスタード グラファイト Bサイズ アーム付き AER1B22PWZSSG1G1G1BBBK23103

サイズ : 幅68.5 x 奥行40.5~52 x 高さ93~104.5cm 背部・座部フレーム : グラファイトフレーム・グラファイトベースベース キャスター : ナイロン双輪 バックサポートオプション : ポスチャーフィットSL 重量 : 約20kg リクライニング範囲設定、固定アーム 保証期間/構造体、機構部、可動部 : 12年間、ガス圧シリンダー : 2年間

Amazonで詳細を見る

また、ちょっと余裕があるなら、 4K にしてもいいかもしれませんね。