いつも一緒な MacBook の N キーが反応しにくくなってしまい、ワイヤレスキーボードを併用するスタイルに切り替えたのですが、そのときにいろいろとキーボードを検討してみたことをまとめました。

キーボードはベターなものを選ぶべし

IT エンジニアにとって、キーボードはいつも使う道具です。

せっかく良い解決法がひらめいても、それをコードに落とし込むステップでつまづけばリズムは途切れてしまってうまくありません。

というように、途切れのない気持ちの良いキー入力が行えると、 思考を中断せずにコーディングなりライティングができ ますから、キーボードを使いこなすことは、生産性に関わる大切な要素であるわけです。


私はキーボードに対して、それほどこだわっていないと思っていたのですが、非エンジニアの方から見ると、「謎のこだわり」があるみたいでした。

キーボードなんて何でも良い、かもしれませんが、文字入力が多い人は、なんとなくではなくて、ベターなものを見つけると良いな、と思って、キーボードを選んだときのことをまとめてみました。

検討したキーボード

Windows も使う人は

Windows も使う方は、ロジクール製のキーボードがベターだと感じました。

安価なものだと、K380 あたりが使い勝手が良いです。

ロジクール ワイヤレスキーボード 無線 キーボード 薄型 小型 K380BK Bluetooth K380 ワイヤレス マルチOS: Windows Mac iOS Android Chrome

【スマホやタブレットでも使用できるキーボード】Windows、Mac、Chrome OS、Android、iOSに対応するマルチデバイスキーボード 【コンパクトで軽量】279x124x16mm、わずか423gとバッグに入れてどこにでも持ち運べるサイズ 【最大で3台のデバイスに同時接続可能】Easy-Switchボタンを押すだけで、接続デバイスを簡単にチェンジ 。 FLOW機能対応マウスと使用すれば、マウスが駆動しているPCで自動でペアリングも 【アルカリ単4乾電池 2本で最長2年間】面倒な電池交換なしで、最長2年間,キーボードをご使用いただける、超省エネ設計 安心の2年間無償保証 操作距離:10m(使用環境・状況によって異なります。)

Amazonで詳細を見る

マルチデバイス対応で、外出時に持ち運べるサイズなのもいい感じです。

また、重量があり、室内利用前提なら KX1000s がかなりいい感じでした。

ロジクール キーボード ワイヤレス 無線 KX1000s bluetooth CRAFT マルチデバイス Windows,Mac対応 Adobe CC対応, FLOW機能対応

【プレミアムなタイピングと効率的なクリエイティブ制作の両立を実現したbluetoothキーボード】高品質な素材を採用し、プレミアムで精確なタイピングを実現するbluetoothキーボード。左上のクリエイティブ入力ダイヤルで作業をより効率的に進行できます。 【ユニークなクリエイティブ入力ダイヤルが標準付属】筐体の左上にクリエイティブ入力ダイヤルを装備。本ダイヤルを使用すれば、作業しているアプリを自動認識して必要なツールメニューを作業画面上に掲出するので、簡単に必要なメニューにアクセス可能 【Adobe CCでの制作をより直感的に、スマートに】クリエイティブ入力ダイヤルを使用することで、Illastrator CC, Premier Pro CC, Photoshop CC, InDesign CCといった、Adobe CCアプリでより直感的でスマートな作業が可能に(Mac/Windows)。Microsoft Officeでも活用可能(Winのみ) 【細部にまでこだわった設計】入力ダイヤルとボディには、見た目だけでなく堅牢でしっかりとした打鍵感をお楽しみいただける陽極酸化アルミを採用。キーは、打ち損じが少なく精確なタイピングができるインカーブデザインを採用。また、キー入力の精確性をアップするコーティング加工も導入。スマートイルミネーション機能も搭載 【その他、スペックなど】サイズ:32mm x 430mm x 149mm、重さ:960g、Bluetooth接続(Bluetooth Low Energy対応)/Unifying (USB)接続、充電式(USB Type-C)、113キー日本語レイアウト、キー構造:メンブレン、キーピッチ:19.0mm、キーストローク:1.8mm、押下圧:60±20

Amazonで詳細を見る

高級感があってしっかりしたキータッチ感が気持ち良いです。


私は MacBook と、Bluetooth キーボードで、キー配置が異なるのは避けたい感じだったので、純正がいいかな、と考えました。

Apple Magic Keybord

はい、次に検討したのが、純正の Magic Keybord です。

Apple Magic Keyboard

ワイヤレスで充電式、Bluetooth対応のマジックアクセサリは、快適な使用感と高い機能性を実現した、まさにMacのためのアクセサリです。 マジックアクセサリは、すべてのiMacおよびiMac Proに付属しています。 また、すべてのマジックアクセサリは別途購入も可能で、お客様に合ったものを選択できます。 低いアングルのなめらかなフォルムで、キー運びが最適化されているため、より快適に入力できる。 フルサイズのファンクションキーを使って、Mission ControlやLaunchpadなど、Macの機能にワンタッチでアクセス。

Amazonで詳細を見る

現行の Magic Keybord はシンプルで、コンパクトで、 Apple らしいデザインがとてもいい。

MacBook 本体と同色のスペースグレイがあるのも、超嬉しいですよね。

Apple Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS) - スペースグレイ

新しくスペースグレイの仕上げが加わりました。テンキーが付いたMagic Keyboardはより広いレイアウトを持ち、書類をすばやくスクロールできるようにする操作キーや、ゲームに適したフルサイズの矢印キーもついています。 テンキーが付いたMagic Keyboardはより広いレイアウトを持ち、書類をすばやくスクロールできるようにする操作キーや、ゲームに適したフルサイズの矢印キーもついています。 それぞれのキーの下にあるシザー構造はキーの安定性を向上させます。 そのうえキーの運びを最適化し、低いフォルムを採用したので、快適で正確なタイピングを行えます。 テンキーはスプレッドシートや財務アプリケーションを使う時に便利です。 充電式の内蔵バッテリーは驚くほど長持ちするため、一回の充電でキーボードを約1か月以上駆動させることができます。

Amazonで詳細を見る

純正ならではの一体感や高級感、そして、キー配置。
純正の良さは捨てきれませんね。


総合的に見て、自分が求めているものに近いのですが、最近の Apple 制キーボードはキーストロークが浅く、この浅さと、パチパチするキータッチ音の軽い感じに馴染まず、購入は見送っていました。

Apple Wireless Keyboard

そこで思い出したのが、旧タイプの Wireless Keyboard です。

一昔前の Mac に付属していたタイプのものですね。

この頃はキーストロークが深くて、押している感が、私の好みなのです。


しかしながら、店頭で見かけることがないため、オークションなどで探して中古を入手した感じですね。

Wireless Keyboard の注意点

中古を買う場合、電池ボックスが腐食していないかのチェックを行うと良いですね。

また、Wireless Keyboard でも複数種類のものがあり

  • F4 ボタンが ダッシュボードのタイプ
  • F4 ボタンが Mission Control のタイプ

があり、Mission Control の方が新しいです。


この違いを知らず、ダッシュボードタイプを購入してしまい、 Mission Control が開けずに不便を感じていたのです。

しかしこれは macOS Mojave までで、なぜか macOS Catalina にアップグレードしたあとは、新旧どちらでも F4 で Mission Control が開くようになりました。

めでたしめでたし。

キーボードを選ぶときは

JIS 配列 / US 配列

キー配列には JIS 配列と US 配列 があり、慣れたほうを選ばないと、ぜんぜん使えないわけです。
US 配列は Enter キーが特に小さくて、私は苦手です。

キー配置を確認することは当然のようで、安いキーボードに飛びついてキー配列が違った ということもあって悲しいのでご注意ください。

十字キーやシフトキー

キーボードによっては、右シフトや十字キー、矢印キーが小さくて押しにくいものがあります。

しばらく前に、これらが申し訳程度に小さくついているキーボードを購入した時に、ものすごく違和感があって使いにくかったため、結局チームメンバーにあげました。

よく使うキーが押しやすいかも、チェックポイントです。

キータッチ音を聞いてみる

案外ツボなのがキータッチ音です。

調子に乗っているときは、キータッチ音がさらに集中を深めてくれる、気がします。

逆に、自分の、周囲のキータッチ音でリズムが狂ったり、音そのものが不快である、ということが結構あるため、試し打ちは欠かせないですね。


ゲーミング系で、レインボーのバックライトがついていて、本人はかっこいいのを買ってホクホクしていたキーボードがあって、キータッチ音がなんか「チャキチャキ」という感じですごく苦手なものがありました。

そのときは「キーボード変えて」とも言えず、ノイズキャンセリングヘッドホンを装着すると気にならなかっため、それを使って逃げてました。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 B : LDAC/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2018年モデル ブラック

「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」に内蔵のDACとアンプによりワイヤレスでも高品質 QN1の搭載により、前機種に比べノイズキャンセリング性能が4倍に強化 「DSEE HX」搭載で、様々な音源をハイレゾ相当にアップスケーリング ノイキャン機能をユーザーの状態や環境に合わせて最適化する「NCオプティマイザー」 周囲の音を取り込みながら音楽を楽しむことができる外音取り込み機能 高い装着性・気密性を実現するイヤーパッド部 連続使用時間:最大30時間 本体質量:約255g

Amazonで詳細を見る

です。

ノイズキャンセリングヘッドホンについては、プログラマには必須じゃないかと感じています。
次にまとめています。

SONY のノイズキャンセリングヘッドフォンで集中力をマネジメントする
プログラミングなど高い集中を必要とする作業では周囲の雑音が邪魔になります。SONY のノイズキャンセリングでヘッドフォンを使用したところ、とても深い集中ができるようになりました。騒音対策で集中力のマネジメントをしませんか
atuweb 開発ブログ

キータッチ音対策も、ぜひ

というように、キーボードのタイピング音は実は結構気になるものため、オフィス利用ならぜひ、そのあたりも気にしたいところです。


今回私が選択した Wireless Keyboard は、キータッチ音はそれほどしないのですが、押し込む感じの「ボフ ボフ」という低音が思いのほか響くようです。

対策として、100 均で

滑り止めシート すべり止めシート 滑り止めマット 150×100cm 果物保護シート 車用ノンスリップマット 車用滑り止めシート 滑り止め ラグ すべりどめ 果物湿気防止 洗いやすい

【環境にやさしい材質】特殊PVC素材を使用、内層にネット構造を施したことにより耐久性が強化されています。しっかりとした滑り止め粒子はサイズが均一の上粒子間の隙間が細かくなっております。耐摩耗性と耐衝撃性に優れるこのマットは柔らかくて弾力を持ち、無毒で変な匂いがしません。 【果物滑り止めシート】シートには小さな穴が整然と分布されており、通気性抜群で湿気防止に効きます。スーパーの果物陳列棚に敷くだけで果物が落とされてあるいは圧迫されて傷つけられるのを防止できます。また、果物トレイの水たまりが原因の果物痛みも防止できます。 【車用滑り止めシート】カーペットの下に敷いて転倒を防ぎます。またダッシュボードに敷いて携帯などの小物の収納シートとして使うこともできます。強い吸着効果により急ブレーキや激しい振動の時に小物の落下を防止できます。 【カット可能】シートのサイズは幅150cm、長さ100cm、用途に合わせて自由にカットできます。フロアマットの下、車のトランクや道具箱の中に敷いて使えます。 【洗いやすい】シートは表面が抗菌処理とUV処理を加工され、汚れにくい上に洗いやすいです。洗って繰り返し使用が可能です。

Amazonで詳細を見る

のようなシートを買ってきて、キーボードの下に敷くと防音効果がありました。


環境を整えて、気持ちよく仕事をしましょう。