そんなこと、聞かなくてもいいですよ

拡張子がなくてもファイルフォーマットを管理できる、のが macOS の特徴ですが、ファイルを共有することを考えると、 結局のところ拡張子って必要 になりますよね。

たとえばレタッチソフトでコメントを入れた画像を Redmine にアップする、みたいなときに、画像書き出し時点で拡張子が取れてしまって、手で .png を足す、ということがああります。

拡張子のないファイルに .png を追加
拡張子のないファイルに .png を追加

Hoge というファイルを Hoge.png にする感じですね。

この時、 Finder から「開くアプリ変わっちゃうかもしれないけど、いいの ?」と尋ねられます。

拡張子追加確認のダイアログ
拡張子追加確認のダイアログ

いいんです、いいんです、わかってますから。


このダイアログ、 「追加しない」がデフォルトになっていて、いちいち「追加」を選択しなければならない、というのがまた面倒なんですよね。

拡張子をスッと追加する設定

ということで、Finder 環境設定の設定を変更し、スッと拡張子を追加できるようにしてみました。

設定方法は次のとおりです。


デスクトップをクリックするなどして、Finder にフォーカスしてから環境設定を開きます。

環境設定は次のいずれかでどうぞ。

  • メニューバーの「 Finder > 環境設定」 をクリック
  • command + ,

Finder 環境設定が開いたら、「詳細」タブを選択し、タブ内の 「拡張子を変更する前に警告を表示」 のチェックを外します。

拡張子追加確認のダイアログ
拡張子追加確認のダイアログ

設定は以上、これだけです。

拡張子のないファイルに .png を追加
拡張子のないファイルに .png を追加

あー、操作がラクになりました。