「全部入りテーマ」って、どうなの ?

WordPress をはじめるときにテーマをしっかり選ばないと大変な思いをするかもしれない、と、聞いたことがあるかもしれません。

私は WordPress ブログを運用もするし、自身でテーマを開発することもあり、運用と開発、両サイドの知見があります。

制作する側としては「多機能な方が人気になるかも」と思う反面、 誰も幸せになっていない WordPress のプロジェクト の話もあったりして、「 いわゆる全部入りのテーマを作っても大丈夫か 」について、確信を持てずにいました。

ところが、2019 年末にに参加した SaCSS で、この疑問に答えを得ることができました。


SaCSS とは Web 制作系のコミュニティーで、札幌で勉強会を定期的に開催しています。

「 Sapporo.CSS 」なので SaCCS (サックス) というようですが、ステキなネーミングですよね。

公式サイトはこちらです。

SaCSS (サックス)
https://sacss.net/

公式に「マークアップエンジニアさん、 Web デザイナーさん向けのテーマが多い」という説明がありますが、前回、初参加の時は「WordPress のテーマについて」のためか、エンジニアの方も割合多かったようです。

大きなテーマ、小さなテーマ

WordPress のテーマは制作は、とても難易度が高いと感じるのですが、それは実装の難易度ではなく、「 自由度が高くて何でもできてしまう 」ために「 何をどう組み立てていくか」をきっちり設計しないとかんたんに詰む という難しさです。


公開されているテーマを眺めてみると、

最小限機能だけのシンプルなテーマ

がある一方、

このテーマだけでプラグは不要という、いわゆる「全部入り」テーマ

など、機能に幅がありすぎますよね。

WordPress に不慣れな方からすると「一つで済むのは助かる」ため「全部入り」に魅力を感じるのは当然だと思うのですが、 ブログを長く運用することで、全部入りなことによるトラブル もあったりするのです。

「テーマ」とはいうけれど

私は 「テーマ」という言葉に対して「 見た目を変えるだけもの 」という認識を持っています。

PHPStorm などのエディタでテーマというと、カラーやフォントを変える程度ですよね。
スキン、カラースキームなど、別の単語で表されるものがありますが、要は「テーマ」とは 「 アピアランス (見た目) 」 を指すものだと認識しています。


しかし、 WordPress についていうと「テーマ」は 見た目以上のことができる もののため、「WordPress テーマ」はテーマという単語がそもそもとして不適切だと感じます。

WordPress のテーマは PHP スクリプトの集合なのですが、制限が少なくガチガチにプログラムすることができるんですね。

そのため、フィールドを増やして独自のコンテンツを出したり、みたいなことをテーマの一機能として組み込む事ができます。

本当になんでもできます。

記事に手を入れてしまう機能は NG

一昔前 ( 4 系まで) は WordPress の記事を書くための標準エディタ (Classic Editor) ができる表現はとても限られていて、 表現力のなさをカバーするためにプラグインやテーマに機能を足す ことで対応してきました。

「表現」とは、たとえば「フキダシを表示する」とか「地図をかんたんに差し込める」とかです。
「ブログ記事」とは別枠で「おしらせ」を表示するものなどもそうですね。

SaCCS では「カスタムフィールド追加しまくる」というお話がありましたが、こういった「記事の一部に手を入れる」系の機能がテーマにあると、 「デザインを変えたくてもテーマを変えるのが厳しい」というテーマ依存 に陥ってしまいます。

具体的に、WordPress の管理ツールで新テーマを有効化すると 一部のコンテンツが消えてしまった みたいなことが起こり、手の出しようがなくなってしまうのです。

ずっと運用してきてリニューアルの話が持ち上がったときにトラブル認定される、ということが実際あるみたいですね。

WordPress テーマはアピアランスだけを担当するべき

SaCCS では「 変更したときに消えるコンテンツが有るのは テーマとして不完全だよね 」というお話がありました。

その通りだと思います。

何でもできるため、何でも詰め込みたくなるのはもっともですが、「デザインを変えたいだけなのにコンテンツが消えてしまう」のは明らかに NG です。
こういうのは、経験がないわからないです。

そのため、「 WordPress テーマは、アピアランスだけを担当するべき 」という結論に達しました。


なお、 「Classic Editor は表現力がない」と書きましたが、この点も状況が変りました。

5 系からのブロックエディタ (Gutenberg) では実に豊かな表現が可能となり、「テーマにゴリゴリとカスタムフィールドを足す」ことはもう古く、工数を使って負債を作り込んでいるだけだったりします。

こういうのが一番悲しいですよね。


WordPress は割と簡単に始められるのですが、奥が深く、痛い目に遭わないとわからないこともたくんある、というお話でした。