Zoff + 集中

Zoff + 集中
Zoff + 集中

Zoff + 集中 という新しいコンセプトのメガネが発売されました。

個人的には「 集中メガネ 」と呼んでいます。

これはどうやら「 普通のメガネに脱着式のフードが付属したもの 」ですね。

言ってしまえばそれだけのアイデアなのですが、
見た瞬間に、「これは欲しかったものが形になった」と感動を覚えました。

私は、 周囲の人がスマホをクイックイッと操作する姿に酔って しまったりすることがあり、まさに 「 Zoff + 集中」のように、ナチュラルに視界を遮るツール を求めていたのです。

視界を制限することの効果

「 Zoff + 集中」は、競争馬が装着する「 ブリンカー 」から着想を得たそうです。

ブリンカーとは、「視界の一部を直接遮ることで、 視界が前だけを向く 」ようにする馬具です。

「 Zoff + 集中」は、ブリンカーと同様に 視界の一部を遮ることで、より集中しやすい状態を自ら作り出すことができる メガネというわけですね。

また、「メガネ + フード」でお手軽に ON / OFF を切り替えられるようになっているため、デイリーにも、集中モードにもどちらにも利用できるのがいい感じです。


私たちは周辺視野で、実にいろいろなものを見ています。

たとえば、オフィスで近くを通り過ぎる人がいたりすると、 意識していないつもりでも、目がチラチラとそちらに向かってしまう ものです。

しかし、周辺視野を塞ぐことにより、入ってくる情報を物理的に減らすへらすことで、意識が分散することを防止することができます。

Zoff のページによると、 脳の「前頭眼野」の負荷を軽減できる 、らしいです。

情報量を減らし、負荷を減らし、ということですね。

口でいうと大したことがないように感じるかも知れませんが、実際に試してみると効果を実感できると思います。

集中力は、買ってでも磨け

名著『レガシーソフトウェア改善』 に 超集中編集 という手法が紹介されています。

超集中編集とは、 物事に没頭したフロー状態であり、世界をシャットアウトし、細心の注意を払ってコードを扱うことができる状態です。

『レガシーソフトウェア改善』


難易度の高いプログラミングを遂行するには、それくらい高い集中力が求められます。
しかも長時間です。

逆に言うと、 日常には集中を阻害する要因が多すぎ ますよね。

ですから、自分のためになるツール、自分にあったツールがあれば、積極的に取り入れていくと良さそうです。


当ブログでも、 集中と生産性 についていくつか記事を書いています。

SONY のノイズキャンセリングヘッドフォンで集中力をマネジメントする
プログラミングなど高い集中を必要とする作業では周囲の雑音が邪魔になります。SONY のノイズキャンセリングでヘッドフォンを使用したところ、とても深い集中ができるようになりました。騒音対策で集中力のマネジメントをしませんか
Atuweb 開発 Log
疲労をマネジメントして集中力を高めよう
「集中力」はプログラマが良いプロダクトを作りあげる上で重要となる要素の一つです。集中力を維持するために生活習慣を改善して「疲れすぎない」ようマネジメントすることが効果的です。全ては良いコードのために。
Atuweb 開発 Log

花粉対策メガネでもいいかもね

店頭にいってみたところ、「 Zoff + 集中」の集中メガネと同様のものが 花粉対策ネガネ として販売されていました。

違いはフードのカラーです。
集中メガネはブラック、花粉対策メガネはクリア色のフードが付属しています。

なるほどね。


「 Zoff + 集中」の集中メガネは 7,000 円ほどです。

もうちょっと安価にすませたい方、とりあえず試してみたい方は、脱着式ではないけれど、周辺までカラーが入った花粉対策メガネでも代用できそうですね。

もちろん Zoff にもいいものがありました。