Mac に WordPress を含め、 PHP の開発環境を構築ならば、 MAMP を利用するのが最もかんたんな方法です。

当記事では、MAMP をフリーで利用するインストール方法を解説いたします。

MAMP とは

MAMP PRO MAC
MAMP PRO MAC

MAMP (マンプ)とは、 Web 開発向けのローカル環境一式をインストールできる便利ツールです。

  • Mac
  • Apache ( Web サーバ)
  • MySQL ( DB サーバ)
  • PHP

の頭文字を撮って、 MAMP と名付けられたようです。


リリース当初は Mac 環境向けでしたが、現在では Windows にも対応しています。

当記事では Mac 環境への導入手順について説明いたします。

インストール手順

MAMP
https://www.mamp.info/

上記 MAMP の Web サイトにアクセスし、 Fee Download ボタンからダウンロードページに移動します。

MAMP ダウンロードページ
MAMP ダウンロードページ

こちらがダウンロードページです。

今回は画面左、 macOS 向けのインストーラーをダウンロードします。

ファイルは 380 MB ほどあります。
少し大きめですね。


MAMP インストーラー アイコン
MAMP インストーラー アイコン

インストーラーのダウンロードが完了しました。
このアイコンをダブルクリックしてインストーラーを起動します。

PRO と表記されていますが、フリー版を利用する場合もこのまま進めて OK です。
問題ありません。

MAMP インストーラー はじめに
MAMP インストーラー はじめに

インストーラー画面です。

インストールの種類 」までは、画面の指示に従ってインストールを進めてください。

MAMP インストーラー インストールの種類
MAMP インストーラー インストールの種類

インストールの種類 」画面です。

画面下部にある カスタマイズ ボタンをクリックし、インストール構成を変更します。

MAMP インストーラー カスタムインストール
MAMP インストーラー カスタムインストール

カスタムインストールの画面です。

今回プロ版は使用せず、フリーの機能のみを利用するため、 MAMP PRO の左のチェックボックスをクリックし、チェックを外します。


MAMP PRO 左のチェックが外れていることを確認して、画面右下の「インストール」ボタンをクリックします。

MAMP インストール確認ダイアログ
MAMP インストール確認ダイアログ

すると、インストール確認ダイアログが表示されます。

パスワードを入力して 「ソフトウェアインストール」ボタンをクリックすると、インストールが開始します。

ここで入力するパスワードは「 Mac にログインするアカウントのパスワード」ですよ。
Apple ID のものではありません。ご注意ください。

MAMP インストーラー インストール中の画面
MAMP インストーラー インストール中の画面

手順に不備がなければ、上記のようにインストールが開始します。

MAMP インストーラー インストールの完了
MAMP インストーラー インストールの完了

しばらく待つと、インストールが完了し、上記画面が表示されました。

Web サーバーを起動する

インストールした MAMP を起動してみましょう。

Launchpad MAMP アイコン
Launchpad MAMP アイコン

F4 キーを押して Launchpad を開くと、 MAMP のアイコンが追加されています。

MAMP ウィンドウ
MAMP ウィンドウ

MAMP が起動しました。

ウィンドウの Start Servers をクリックすると、Web サーバ、DB サーバが起動し、 localhost:8888 でブラウザからアクセスができるようになります。