MAMP とは、 Web サーバ / DBサーバ を束ねるツール

MAMP は macOS に、 PHP の開発環境を構築するツールです。

ちょとわかりにくいのですが、 MAMP 自体は Web サーバ / DBサーバ を管理するツールであって、 MAMP 自体がサーバというわけではありません。

そのため、 MAMP のサーバを利用するには

  • MAMP を起動する
  • MAMP から Web サーバ / DBサーバ を起動する

という 2 段階での起動を行います。

MAMP を起動する

でははじめに MAMP を起動します。

Launchpad MAMP アイコン
Launchpad MAMP アイコン

F4 キーを押して Launchpad を開くと、 MAMP のアイコンが見つかると思います。

この MAMP のアイコンをクリックすると MAMP が起動します。

MAMP ウィンドウ
MAMP ウィンドウ

はい。
MAMP が起動しました。

MAMP の Web サーバ / DBサーバ の起動状態をチェックする

「MAMP のサーバを起動しているかどうか」は、 MAMP 画面の右上にあるマルをチェックします。

MAMP サーバ停止中
MAMP サーバ停止中
  • Apache Server (Web サーバ 羽のやつ)
  • MySQL Server (DB サーバ イルカのやつ)

の右にマルがありますね。

このマルが「白抜きのマル」であれば、 Web サーバ / DBサーバ が起動していません。

MAMP サーバ起動中
MAMP サーバ起動中

また、これが「ミドリのマル」になっていれば、Web サーバ / DBサーバ が起動しています。

Web サーバが起動していれば localhost:8888 でブラウザからアクセスができるようになります。

MAMP の Web サーバ / DBサーバ を起動、停止する

起動する

MAMP の Web サーバ / DBサーバ を起動する方法ですが、 MAMP ウィンドウの Start Servers をクリックします。

MAMP サーバ停止中
MAMP サーバ停止中

少し待つと、起動状態を表す表示が「白抜きのマル」から「ミドリのマル」にかわり、同時にボタンも Start Servers から Stop Servers に切り替わります。

MAMP サーバ起動中
MAMP サーバ起動中

停止する

起動している Web サーバ / DBサーバ停止するには、起動時と同様に Stop Servers をクリックします。

MAMP サーバ停止中
MAMP サーバ停止中

Web サーバ / DBサーバが停止し、最初の状態に戻りました。

MAMP の Web サーバ / DBサーバ を再起動する

プログラムの勉強をしていると、ときどき「サーバを再起動してください」というような指示をみかけます。

MAMP では再起動というボタンはありませんが、「停止後にあらためて起動する」ことで同じことができます。


たとえば PHP の設定変更を個なう場合、 php.ini ファイルを編集した後に Web サーバを再起動するまでは変更が反映されません。

MAMP サーバ起動中
MAMP サーバ起動中

このように 「ミドリのマル」で Web サーバ / DBサーバが起動中の状態に php.ini ファイルを編集したのであれば、 Stop Servers をクリックして停止します。

MAMP サーバ停止中
MAMP サーバ停止中

「ミドリのマル」が「白抜きのマル」に変わったことを確認しましょう。

次に Stop Servers をクリックし、再度 Web サーバ / DBサーバを起動します。

MAMP サーバ起動中
MAMP サーバ起動中

「白抜きのマル」が「ミドリのマル」に変わりました。

これで Web サーバ / DBサーバを再起動した、ということになります。