IDE が開けないのだが?

手軽に利用できる オンライン IDE に AWS の Cloud 9 というサービスがあります。

環境構築がほぼ不要で、すぐに利用できることが大きなメリットですよね。

とりあえずコードを書きたい、というニーズを満たせるため人気ですが、しばしば「 IDE が開けないのだが?」という問い合わせを受けます。


具体的には、環境 (environment) を作ったはずなのに、

AWS > Cloud9 > Your environments
AWS > Cloud9 > Your environments

の画面が開かずに、

AWS > Cloud9 > TOP 画面
AWS > Cloud9 > TOP 画面

の画面に戻ってしまう

というものです。

これは、もしかしたら「 リージョン違い 」かもしれません。

リージョン、という概念

リージョンとは、雑に言うと データセンター ですね。

AWS は世界各国にリージョンを構築していて、それぞれ独立したデータを持っています。

リージョンは、具体的には

  • 米国東部(バージニア北部)
  • 米国西部 (北カリフォルニア)
  • アジアパシフィック (東京)

などがあります。

Cloud 9 というひとつのサービスでも、 データはリージョンごとに別れている というのがポイントです。


AWS > Cloud9 > TOP 画面
AWS > Cloud9 > TOP 画面

の画面に戻ってしまう、というのは 知らずのうちにリージョンが変わっていて環境が見つからなかった のかもしれません。

そのため、「 リージョンを選択してから、各サービスを選択する 」というようにすると良さそうです。

リージョンを「東京」にする

「リージョンはどこがいいの?」

という点は、

「日本で使うなら物理的に近い 東京を選択 をする」

がベターです。


リージョンの選択はかんたんです。

AWS > Cloud9 > 現在のリージョン
AWS > Cloud9 > 現在のリージョン

をクリックすると、リージョンの一覧が表示されます。

この一覧から 「 アジアパシフィック (東京) 」 を選択してください。

AWS > Cloud9 > リージョンを選択する
AWS > Cloud9 > リージョンを選択する

画像のように、リージョンの表示が 「東京」 になっていれば OK です。

AWS > Cloud9 > 現在のリージョン
AWS > Cloud9 > 現在のリージョン

TOP に戻されるときは、メニューから遷移する

リージョンを変更したけれども、それでも

AWS > Cloud9 > Your environments
AWS > Cloud9 > Your environments

の画面が開かない、という場合は、サイドメニューからの移動をお試しください。


少しわかりにくいのですが、 

AWS > Cloud9 > サイドメニューの展開ボタン
AWS > Cloud9 > サイドメニューの展開ボタン

をクリックするとメニューが開きます。

ボタンをクリックすると、

AWS > Cloud9 > サイドメニュー
AWS > Cloud9 > サイドメニュー

はい、メニューがが開きました。

このメニューの Your environments をクリックすると

AWS > Cloud9 > Your environments
AWS > Cloud9 > Your environments

の画面に遷移します。

それでも、TOP に戻されるのだが ?

AWS > Cloud9 > サイドメニュー
AWS > Cloud9 > サイドメニュー

メニューの Your environments をクリックしても、

AWS > Cloud9 > Your environments
AWS > Cloud9 > Your environments

の画面に戻ってしまう、という場合、今回選択した 東京リージョンでは環境を作成していない のだと思います。

まずは、オレンジの Create environment ボタンをクリックし、新しく環境を作成してください。