PC 周辺機器メーカーとして定評のあるロジクールからメカニカルキーボードがリリースされましたね。

このシリーズです。

実際に触ってみましたが、メカニカルにありがちなカタカタ音は少なく、高さも押さえられていて良いモデルだと思いました。
リリース直後は品薄だったようで、注目度の高さが伺えます。

ルックス

カラーは、グラファイトのみです。 落ち着いたダークトーンです。

なんとなく、 Keychron をちょっと意識していそうな感じがしますね。
私は好きです。

キーキャップ

行で高さの変わらないフラットで背の低いキャップです。
おそらく、シリーズに合わせた設計なのだと思います。

素材的には、触った感じグニュッとする感じがあって、 ABS 系に塗装をかけたタイプなのかと想像してます。
ちょっとここは確証がないです。

スイッチ

種類は次の 3 種類から選択できます。

  • リニア
    引っかかりのない無難な押下感

  • タクタイル
    コリッと引っかかりがある
    MX MECHANICAL のタクタイルはそんなにクセがない方だと思う

  • クリッキー
    クリック感があって音がなる
    パブリックスペースでは使用しないべき

スイッチは、一般的なメカニカルキーボードより薄型なキースイッチを採用しています。
おそらく Kailh Choc V2 に相当するスイッチ何じゃないかなーと推測してます。

薄型は、ボディが小さい分イマイチになりやすいのですが、 MX MECHANICAL は筐体がしっかりしていて、打鍵感をいい感じにまとめている気がしました。

サイズ展開

MX MECHANICAL は 2 つのサイズ展開があります。

  • MX MECHANICAL
    フルサイズで、横幅 43.4cm

  • MX MECHANICAL MINI
    テンキーレスで、横幅 31.3cm

テンキーがあると、右手マウスが遠くなるため、私はテンキーレスタイプの MINI をおすすめしてます。

MINI はこちらです。

ただし、MINI は、右側にギュッとキーが集まって、ちょっと無理やりまとめた感はあります。

BackSpace のすぐ右にキーが合ったり、右 Shift キーが 1u サイズと小さい、というのがあって、そのあたりで好みが分かれそうですね。 まあ、類似品とだいたい同じではあるのですが。

その他

なお、G913 も、薄型スイッチ、薄型キャップですが、MX MECHANICAL は G913 系とは別規格です。
互換性がないため要注意です。

これに対し、 MX MECHANICAL は Cherry MX 互換キーキャップが刺さる形状に見えますね。

キャップが差し替えられるのなら、後から着せ替えができるため、楽しみが増えそうです。
というか、メカニカルならキャップ変えたいじゃないですか。


なお、 MX MECHANICAL でも高さが気になるとしたら、 MX Keys mini が次の選択肢になると思います。

MX Keys mini はコンパクトで操作性も高い、良いモデルだと思います。

MX Keys mini は多色展開されていて、シルバーやピンクもあります。 ピンクを出せるのは、けっこうすごいですね。